言葉-日本語

2020年4月11日 (土)

『段落論 日本語の「わかりやすさ」の決め手』 (光文社新書)

1カ月ほど前に出た石黒圭さんの本。段落については、書き手としても読み手としても、ここ何年かを中心に10年ほど、いろいろと思うことがあるというか、はっきり言って迷いに迷っている状態だったので、なにかヒントはないかと読んでみることにしました。

石黒圭さんの本は、基礎から学術的な話まで幅広く、素人にもわかりやすく書かれていることが多いので、基本的事項の確認にも、一般にどうこう言われていない事柄に関してヒントをつかむためにも役に立つことが多いと思います。

感想は……読んでよかった、でした。大昔に学校で習ったような話も多く、新情報が山のように、という本ではありませんが、何年もずっともやもやしてきた件について、どうやら、自分が抱いてきた疑問は的外れというようなものではないらしい、と思わせてくれる話があったからです。

本の話に入る前に、私がもやもやしてきたことを書いておきましょう。

■英語と日本語の翻訳において、段落って維持すべきなんでしょうか。

続きを読む "『段落論 日本語の「わかりやすさ」の決め手』 (光文社新書)"

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

カギ括弧と句点、?などの関係について

文の最後には句点を打つ。それが基本ですが、現実にはいろいろと難しいケースが出てきます。

■文が終わっていることを示す機能

これが一番の機能なわけですが、この機能を果たすのは、句点だけじゃありません。「?」「!」「!?」なども使われたりします。句点以外のものを使う場合やカギ括弧がある場合は悩ましいケースだと言えます。

■「?」などを使う場合

この場合、後ろ全角一マス空けが基本になります。

え? そう思った方も少なくないのではないでしょうか。ツイッターやブログで全角アケにしている人はめったにいませんから。でも、さきほどのところ、「え?そう思った方も少なくないのではないでしょうか」ってしたらなんか変だと感じませんか?

我々翻訳者は物書きの端くれだと思うんですが、そういう仕事をしていて、なお、「?」などの後ろを全角一マス空けにしない人、少なくありません。正直なところ、日本語の本を読んでいるとき、なにを見ているのだろうと思ってしまいます。まあ、えらそーなことを言ってる私も、翻訳専業になって何年かはまるで気にしていなかったように思いますけど(^^;)

勝手な想像なのですが、句読点は、ある意味、空白に近いから句読点として機能するのではないかと私は思っています。「、」も「。」も、ぱっと見、そこが空間に見えますよね? だから、文がそこで切れていると感じられる、と。先日の段落頭カギ括弧じゃありませんが、見た目から受ける印象って大事だと思うんですよ。

対して「?」「!」「!?」などは、マス目が埋まっている感じになります。つまり、それだけでは、切れ感が足りない。かといって、「?。」とかするのはどう考えても変です。なので、「? 」と後ろ全角一マス空けにするのが自然ということになったのではないでしょうか。

逆に言えば、そこで文章が終わらなければ、「?」「!」「!?」などの後ろを全角一マス空けにする必要はない。いや、空けちゃいけない、と言うべきですね。

どういうことかというと……

続きを読む "カギ括弧と句点、?などの関係について"

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

段落頭のカギ括弧

日本語の場合、段落頭は一字下げるのが基本です。これは、どこからどこまでが段落であるのかをわかりやすくするためでしょう。

ブログやSNSのように、段落間を1行空けることで表現するケースもあります。

段落頭一字下げが基本のケースで、例外的に下げない場合があります。よくあるのは(↓)でしょうか。

  • 箇条書きなど、段落頭になにかがくっついている場合
  • 段落頭が括弧の場合

(小見出しなどの直後だけ下げないという形式もありますが、それは今回の話とずれるので横に置いておきます)

箇条書きなど、段落頭になにかがくっついていれば、字下げしないのは当然ですね。逆に、段落頭が括弧の場合は、括弧が空白に近いため、一字下げ相当という扱いになっているのだと思います。

先日、とある雑誌を読んでいて気になったのが、この処理。

書籍などのカギ括弧は1文字分しっかり取る大きさのことが多いのですが、その雑誌のDTPでは、カギ括弧が半角分くらいに細いのです。カギ括弧が文章中に出てきた場合はそのほうがきれいに見える気もしますし、雑誌のように1行の文字数が少ないとカギ括弧が1文字分取っていると間延びして見えそうな気もします。ですから、それはいいのですが……

問題は、カギ括弧が段落頭に来た場合。カギ括弧が半角分の幅ということは、その次の文字が半角分、前にずれてしまうわけで。その状態からカギ括弧をなくすと、一字下げではなく半字下げにしかなりません。しかも、その半字が完全な空白ではなく、カギ括弧があるわけで。これじゃ、段落頭に見えません。こういう処理なら、段落頭のカギ括弧はその前後なりを少し空けるなどして調整しないとだめなんじゃないでしょうか。実際、話の展開がなんかおかしいなぁと思ったら、途中で段落が変わっていたとかありました。前段落最後の行がちょうど幅いっぱいまでだと、段落が変わったことに気づかなかったりするんです。段落って、文章の理解を助ける大きな装置なわけで、それがきちんと働かないのは困ります。

Kindleとかでもそうなってることがあって、そっちは画一的な処理にせざるをえなくてしかたないんだろうなとは思うんですが、印刷物は、ちゃんと組版してほしいですね~。

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

日本語の文末表現

だいぶ前の本で、編集さんからの提案とか相談とかをチェックするゲラ前の処理をしたときのことです。

余談ながら、提出した訳稿からゲラまでの処理は、編集さんによっていろいろなパターンがあります。この編集さんのように、大きな疑問をつぶしてからゲラにする人もいます。出した原稿がそのままゲラになって返ってくることもあります。ついでに言えば、出した原稿があっちもこっちも訳者としては不本意な形に変えられて返ってくるケースもあります。

本が厚くなりすぎそうなんで、少しでも行数を減らしたいとのことで、このときはあちこち削る提案が一杯入っていて、そのせいで思いのほか時間がかかったりしたんですが、それはまあ、いいんです。なにかしようとすれば時間がかかるのは当然ですから。

ただ、削られたり簡略化されたりするのは、文末が多いんですよね。

でも、日本語の文末って、トーンとかニュアンスとか、ほかの文との関係とか、時間的なこととか、いろんな意味(テンス、アスペクト、ムードなどと言われるもの)を担う大事な部分です。だから、私は、ほかをなるべく切り詰めた上で、文末だけは文字数気にせず必要なものは盛りこむというのを基本にしています。

このときもあちこち文末を削る提案がいっぱいあったのですが、意図があってのことなので、ちょっとどうかと思っても、それなりに了承しました。したんですが、あとになって、これはまずかったかもと思いいたりました。

続きを読む "日本語の文末表現"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

部分否定

最近気になっていることがあります。部分否定です。これがおかしくなっている日本語をよく見るのです。

日本語の場合、「すべてが~できない」は全否定であり、部分否定なら「すべてが~できるわけではない」「必ずしも~できるわけではない」「~できないものがある」「一部は~できない」「~できるとはかぎらない」などとなります。なのに、部分否定であるはずの文脈で「すべてが~できない」のような書き方をしているわけです。

「すべてが~できない」を部分否定のつもりで使うのは、英語の“not all”が部分否定だからなのではないか、つまり、“not all”を下手な翻訳で「すべての~が~できない」としてしまい、それが広まりつつあるのではないかと危惧しています。まあ、推測でしかなくて真偽のほどはわかりませんけど。

ともかく、プロ翻訳者でもよくやらかしているというのがなんともはやです。翻訳するときじゃなく、日本語で文章を書いていてやらかすということは、部分否定のイメージが頭にあるのに部分否定の日本語が出てこないってことでしょう。それって、部分否定の日本語が使えなくなっているのか、あるいは、全否定を部分否定だと思うようになってしまっているのか。

そういうのを見ると、もしかして、いつも、“not all”を部分否定とわかったうえで「すべてが~できない」的な訳し方をしているんじゃないかと思ったりします。つまり、いつもそう訳しているうちに染まってしまい、日本語のほうがおかしくなったのかなぁ、と。で、そういう人は、きっと、これ以外にもいろいろと英語表現に引っぱられた日本語に染まっちゃってるんじゃないかなぁ、と。(allなど英語の数量表現はほぼ必ず名詞の前にあるけど、日本語は多様。なのに、翻訳では数量表現を名詞の前に置いた日本語ばかりっていうのも気になる点だったりしますけど、それはとりあえず横に置いておきます)

このあたり、翻訳者なら職業病というくらい気にならないといかんと思うんですけど。どうなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

主語を出さなければならないとき

川月現大さん(編集者)のブログに「どんなときに主語を省略できるのか 【文章技術:ピリオド越え】」というエントリーがありました。

「英語は主語が省略できない(主語と動詞がないと文にならない)が、日本語は主語を省略できる」とよく言われますが、私はむしろ、「日本語は必要なものしか出さない」と表現すべきだと考えています。理由は、「省略できる=省略しなくてもいい」と感じるのが普通であり、「省略できる」と考えていると省略したほうがいいものまで残ってしまう可能性が高いからです。

このあたりについては(↓)のエントリーも参照してください。

いらない主語が残っていると読みにくい日本語になります。これは、優秀なひとならほんの少し翻訳をかじっただけでわかってしまうほど明白な問題です。「翻訳者でない人が気づいた翻訳のコツ」で紹介したように、その方は「主語を省略する。意味上の主語が明白な場合には、なるべく省略する」という言い方をされています。「省略しなくてもいい」ではないのです。「なるべく」省略しなければならないわけです。

続きを読む "主語を出さなければならないとき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

翻訳者と日本語入力IME

ATOK 2010+共同通信社記者ハンドブック辞書」でも書きましたが、私は、ジャストシステムのATOKに共同通信社記者ハンドブック辞書を組み合わせて使っています。これ、翻訳など書き物をする人にとっては不可欠なツールだと思うのですが、使っている人は意外に少ないようです。

■ベースとなる日本語入力IME

いろいろな人の話を聞くと、日本語入力IMEとしてOS付属のIMEを使っている人が多いようです。それなりではあると思うのですが、変換の精度はATOKが一段上だというのが、少なくともATOKを使っている人たちの意見です。

昔、翻訳フォーラムで変換精度の比較をしてみた人たちがいました。そのときははっきりとATOKに軍配があがりました。ただ、その後、OS付属のIMEも進化しているので、今、どのくらい違うのかはわかりません。

続きを読む "翻訳者と日本語入力IME"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

連続を避ける

『の』の連続は避ける」への補足です。

■「の」の連続を避けた例

今日、翻訳フォーラムへの投稿を書いていたら、

「SimplyTermsのヘルプの正規表現の入門に記載してあります」

となってしまいました。これなんか、「の」の一番基本的な意味、"of"になる「の」が連続しているだけなので意味が不明確になることはないのですが、やはり、気になるので(職業病?)、(↓)のようにしておきました。

「正規表現の入門としてSimplyTermsのヘルプに記載してあります」

ほかには、(↓)あたりのパターンが考えられるでしょうか。

  • SimplyTermsのヘルプにある正規表現の入門に記載してあります(「に」が連続して出てくる)
  • SimplyTermsのヘルプにある正規表現の入門という項目に記載してあります(「という」で軽くまとまるので「に」の連続は気にならないけど、全体が長い)

続きを読む "連続を避ける"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

「の」の連続は避ける

今日、猛暑について報じた夜7時のNHKニュースで、アナウンサーが次のように言っていました。

~区は、23区内で唯一、すべての教室へのエアコンの設置がすんでいません。

一部教室にはすんでいるのかすんでいないのか、どちらなんでしょう。日本語としてはどちらにもとれると思うんですけど。台本なしの生放送でこういうしゃべり方をしたのなら、それはまあ、仕方がないのだけれど、夜7時のニュースで台本を読むアナウンサーがこう言ってしまうというのは困りものですね。もちろん、悪いのは台本を書いた人なわけですが。

一部教室にエアコンが設置されている場合もされていない場合も、誤解のないように表現する方法はいろいろあるはずだと思います。

続きを読む "「の」の連続は避ける"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

ロケットペンシルとところてん

しばらく前、たしか今進めている書籍の翻訳で、後ろから押されて順番にずれて消えて行くような話で「ところてん式」と書こうとしました。そこでふと思いだしたのが、少し前に休憩時間に見たDVD。若い人にロケットペンシルのようなものと説明したらわかってもらえず、ところてんと言いなおすシーンがあって……「ところてんなんて、最近の若い人、知らないんじゃないの?」と思わず、心の中で突っ込んでしまったのです(職業病です^^;)。

自分の常識は世間の非常識。まずは、一番身近な世間、嫁さんに聞いてみました(夫婦はいろいろな意味で似ていたりするので、このふたりの常識が世間の非常識ってことはいくらでもあるのですが)。

続きを読む "ロケットペンシルとところてん"

| | コメント (4) | トラックバック (0)