翻訳-イベント

2017年5月27日 (土)

翻訳フォーラム・シンポジウム&大オフ2017――参加御礼+α

先週の日曜日、朝から夕方まで丸一日のシンポジウムと夕方からの大オフに参加してくださったみなさま、ありがとうございました。おかげさまで満員御礼の盛会となりました。また、ツイッターなどを見るかぎりおおむね好評だったようで、主催者のひとりとしてほっとしております。せっかく時間とお金を使って参加していただいたわけで、全員に、なにがしか、おみやげを持って帰っていただきたいですからね。

togetterの「翻訳フォーラム『シンポジウム2017』『大オフ2017』まとめ」

直訳と意訳について、高橋さきの、深井、高橋聡、井口の4人がそれぞれ発表したとき、私が語った話をブログなどに取りあげてくださってる方がおられるので、そのあたりについてちょっと。あの話は、このブログに7年ほど前に書いた記事(「誤解されやすい翻訳業界の常識-直訳 vs. 意訳」)をもとにした話です。

上記リンク先の過去記事を読んで、以下のスライドを見ていただければ、だいたいの話はわかるはずです。

■「直訳 vs. 意訳」の議論が混乱するわけ

20170528____02

続きを読む "翻訳フォーラム・シンポジウム&大オフ2017――参加御礼+α"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

翻訳フォーラム・シンポジウム&大オフ2017――最終案内

先日も告知しましたが……2週間弱後の2017年5月21日(日)、東京はお茶の水女子大学で翻訳フォーラムのシンポジウムと大オフを行います。

シンポジウムのテーマは「直訳と意訳の間で」です。どの話もそれぞれに有益ですが、私の個人的なおすすめは高橋さきのさんの「述語から読む・訳す」。

私は、2004年から2005年のころ、このやり方に転換しました。そう意識して転換したわけではないのですが、今回、さきのさんがまとめられた「述語から読む・訳す」を見て、ああ、あのときの転換はそういうことだったのだと思いいたりました。

以来10年あまり、その方向でいろいろと工夫をしてきたわけですが、その間に私の翻訳技術が進歩したとすれば(私としては大きく進歩したと思っていますが)、進歩の7割方はこの方向転換がもたらしてくれたものだと思っています。英日翻訳では、訳文の組み立て方が根本的に変化しますし、日英翻訳では、原文の読み取り力が格段に上がります。後者に関連しては、以前、このブログで「日本語はあいまいで非論理的か」という記事を書いていますが、この記事で取りあげた「日本語は悪文ばかりだ」と言われるのは、おそらく、「述語から読む」をしていない人なのではないかと、いま、振り返ると思います。

夜の懇親会、大オフは満席となってしまいましたが、シンポジウムのほうは、まだ、若干ながら席に余裕があります。日曜日丸一日を使うことになりますし、参加費もそれなりにかかりますが、参加して損のない会だと自負しています。

イベントの詳細や申し込みについては、下の画像をクリックし、イベントのページで確認してください。

シンポジウム2017 ~直訳と意訳の間で~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

「洋書の森」設立10周年記念イベント

このところ仕事がわやな状態になっていて、うっかり告知を忘れていましたが……今月4月15日(土)、洋書の森設立10周年の記念イベントに河野万里子さんとふたりで登壇します。

「洋書の森」設立10周年記念イベント

文芸系の出版翻訳をなりわいとする河野さんと、もともと産業翻訳専業で最近は出版もやっているとはいえノンフィクションしかやらない私とでは接点などないように思えるかもしれませんが、意外や意外、いろいろと接点が多いのです。今回は、「翻訳とは」みたいな肩肘張った話ではなく、ふだんはあまり語られないと思われるあたりを中心に展開したいと思っています。

申し込みなど詳しくは、上記画像をクリックして説明ページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翻訳フォーラム・シンポジウム&大オフ2017

今年も翻訳フォーラムでシンポジウム&大オフをやります。日にちは2017年5月21日(日)、場所はお茶の水女子大学です。シンポジウムが11時から夕方5時までで、その後、池袋に移動して大オフが6時から8時半まで。

シンポジウムのテーマは「直訳と意訳の間で」です。古くて新しいというか、古くならないのが困りものというかなテーマだと私は思います。どっぷりと翻訳に浸り、いつもと違う頭の使い方ができる1日になるでしょう。

シンポジウム2017 ~直訳と意訳の間で~

申込みは、シンポジウム、大オフとも、昨年と同じく第1次と第2次に分かれています(上の画像をクリックするとイベントのページにジャンプします)。

第1次販売 4/ 9(日) 10:00~5/18(木) 19:00

第2次販売 4/14(金) 18:00~5/18(木) 19:00

合計で定員を160名前後とけっこうな人数にしてあるのですが、このところ、発売から短期間でチケットが売り切れてしまうことが多いので、参加しようと思われた方には早めの申し込みをおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

「翻訳に活かすSimplyTerms」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#5)

2月19日の日曜日午後、東京池袋にて、私が講師の「翻訳に活かすSimplyTerms」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#5)があります。

「翻訳に活かすSimplyTerms」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#5)

私は、ひとつ前の記事「翻訳者が持つ最大のツールは『自分の頭』」に書いたような方針で20年ほども工夫を続けてきています。といっても、その工夫が一番優れていると言うつもりもありませんし、その工夫があらゆる翻訳者にとってベストであると言うつもりもありません。外的要因も含めて仕事環境は人それぞれであり、どのような工夫も、人によって、あるいは案件によって、合う部分と合わない部分があるものです。ですが、工夫の努力とそこにかけた手間暇については、人後に落ちない自負があります。秀丸マクロに始まり、Perl、初代SimplyTerms(開発環境はVisualBasic)、現行のSimplyTerms(開発環境はDelphi)と移植・発展してきたのですが、現行のSimplyTermsだけでプログラムは2万行近くに達しているわけで、開発にはけっこうな手間暇がかかっています。少なくとも人後に落ちないだけの手間暇がかかっているのはまちがいないと思います(^^;)

冗談はさておき。

「翻訳者が持つ最大のツールは『自分の頭』」に書いた方針で工夫を重ね、「機械にできることは機械にやらせよう」の部分をなるべく使いやすくパッケージとしたのがSimplyTermsであり、SimplyTermsに同梱して公開している秀丸マクロです。

自分が欲しいものが世の中にないからと、膨大な手間暇をかけて自作してしまったものであり、せっかく作ったのだから、一部でも便利だと思う人がいるなら使ってもらえれば、ということで、公開しているわけです。

昔、「このほかに、肝となる部分があるんですよね」と言われたことがありますが、そんなことはありません。このソフトウェアをインストールし、そのほか、フリーウェアやシェアウエアをいくつかインストールすれば、環境としては私の手元とまったく同じものが得られます。作ったけれども公開していないものは、どれかの案件に特化したワンオフのマクロくらいですから。あまりに特殊で、その案件以外に使い道はないと思うもの(実際、自分も作ったとき以外には使わずにいます)以外は公開しているわけです。

続きを読む "「翻訳に活かすSimplyTerms」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

「訳出のバリエーションづくり~訳例カード・ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#4)

こちらで紹介するのを忘れていましたがm(._.)m、しばらく前、「翻訳フォーラム・レッスンシリーズ」なるものを始めました。翻訳力の向上に役立つセミナーやワークショップを提供しようというものです。

その第4回、「訳出のバリエーションづくり~訳例カード・ワークショップ」が2017年1月29日(日)の午後に東京・護国寺で行われます。

「訳出のバリエーションづくり~訳例カード・ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#4)

今回は、"most"を題材に訳出のバリエーションを増やそうというワークショップです。講師は高橋さきのさん。

このワークショップ、baldhatterさんのブログ「禿頭帽子屋の独語妄言 side A」でも紹介されています(「# 「訳出のバリエーションづくり」 - レッスンシリーズ第4弾」)。内容も説明されているので、細かいことはbaldhatterさんのブログを見ていただくことにして、私は、ちょっと違う側面からの紹介を。

実は、このワークショップ、私も一度体験しています。

続きを読む "「訳出のバリエーションづくり~訳例カード・ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

JTF翻訳祭2016に参加された方々へ

昨日、JTF翻訳祭に来られたみなさん、ありがとうございました。

おかげさまで、翻訳フォーラムとして登壇した朝一のセッションは定員150名の会場に200名、公募されてきた方々に「翻訳者の視点を入れてほしいから」と実行委員が押し込む形でモデレーター(刺客じゃないっすよ?)として入ったセッションも定員120名の会場に150名と、いずれも、座席がきれいに埋まった状態で立ち見がいっぱいという盛況になりました。

ほかにも満席となるセッションがたくさんあったようです(事務局からセッション参加者数のカウント結果を見せてもらいました)。一番の人気セッションは、会場を定員120名から150名へと変更したにもかかわらず、会場内に入れきれず、入り口を閉めなければならなかったと聞いています。椅子は当然に埋まっているし、壁際にずらり立ち見が並んだ上、通路や最前列の前など床にも体育座りで人を入れたという……

今年からJTFでも事業とすることになった「通訳」のセッションは、初の試みということもあり、参加者の人数が少なめだったようですが、それでも、会場が寂しいというほどではなく、そこそこの入りではあったようです。

出展ブースのほうもかなり賑わったように聞いています(すみません、私はブースに顔を出す余裕がありませんでした)。

■準備中の受付(これがあ行からな行まで)

20161129_081833_canon_ixy_610f_img_

来られた方々、一人ひとりに、どこかでなにか、「来てよかった」と思えることがあればよかったのですが、いかがでしたでしょうか。

私のブログを読んで来た、と言ってくださった方もけっこうな人数がおられたと聞いています。ありがとうございます。参加を呼びかけた先日の記事では、「危機感を抱いています」と書きましたが、おかげさまで、今後にじゅうぶんつながる実績になったと思っています。この先は、今年の実行委員会の仕事でしょう。今年の実績を来年に、さらにはその先にどうつなげていくのか、その道筋をつけるまでが、我々、今年の実行委員会の仕事ということになると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

JTF翻訳祭2016満員御礼

先日紹介したJTF翻訳祭2016ですが、22日の事前申し込み締めきりをもって満員御礼となり、はじめて、「当日の参加申し込みなし」となりました。

交流パーティーは多少の余裕があるので、当日の申し込みで参加できます。本会場側も参加費なしで入れる「翻訳プラザ(展示会)」、「プレゼン・製品説明コーナー」がありますから、そちらを一通り巡って話を聞いてから交流パーティーに参加ということは可能です。あるいは、とりあえず有料セッションだけ申し込んであるという人も、当日、受付に申し出ていただければ、そのまま交流パーティーに参加することができます。

翻訳祭などのイベントを紹介するたびに書いているのですが、交流パーティー、いいですよ。私は、講演とどっちが大事かと言われると答えに窮するくらい交流パーティーも大事だと思っています。

そら、知り合いが多いBuckeyeさんはいいけど、私は知ってる人もいないし……という方、おられたら、会場で私に声をかけてくださいませ。「こういう翻訳会社の人に紹介をお願いしたい」みたいな希望もあらかじめ考えてくるといいと思います。せっかく翻訳会社の人もたくさんいるのですから。

■私の写真はネット上にけっこう出ていますが、念のため、ここにも貼っておきます。ちなみに、いつもこんな感じの服装で参加してます。

20151211_192237_canon_powershot_s11

続きを読む "JTF翻訳祭2016満員御礼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

JTF翻訳祭2016

今年もJTFの翻訳祭がおこなわれます。11月29日(火)に東京市ヶ谷です。

翻訳者で「どうしようかな~」と思っている人は、急ぎ申し込みを。正直なところ、今年が最後のチャンスになるかもしれません。

って、なにを言っているのかわからないという人も多いと思いますが……私としては、実は、そのくらいの危機感を抱いています。

2016

続きを読む "JTF翻訳祭2016"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

『翻訳のレッスン』刊行記念シンポジウム

毎年恒例となっている翻訳フォーラム主催のシンポジウム&大オフ、今年は、『できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン』刊行記念とし、共著者の4人(高橋さきの、深井裕美子、高橋聡、井口耕二)の話をメインに組み立てました。

シンポジウムは5月29日(日)の11時から17時までお茶の水女子大学にて、その後、池袋に移動して大オフが18時から20時30分までの予定です。

シンポジウムについては、1次募集・2次募集(アクセスに便利な時間が人によって異なるので曜日・時間を変えて2回募集としました)とも、3~4時間で満員御礼となってしまいましたので、会場を一回り大きなところに変更し、3次募集をすることになりました。3次募集は、4月28日(木)の夕方18時からです。さすがに今回も3~4時間で満員御礼ということはないと思いますが、参加しようと思われる方は早めに申し込んでいただいたほうがいいかもしれません。

大オフのほうは残席僅少となっています。こちらは定員増が難しく、いま、残っている席が完売したらおしまいです。いまさらお店を変えるわけにもいきませんから。

詳しくは、(↓)のサイトをご覧ください。

「翻訳のレッスン」刊行記念 翻訳フォーラム・シンポジウム&大オフ2016

なお、刊行記念シンポジウムではありますが、本を買わなければならないわけではありませんし、まして、あらかじめ買って読んでこなければならない話でもありません。買いたいという方のために会場で本を販売はしますが、強制ではありません。シンポジウムで我々の話を聞き、実際の本を手にとってぱらぱらめくってみて、買う価値があると感じたら買っていただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧