翻訳-業界

2017年2月24日 (金)

機械翻訳+PE vs. 人間翻訳

「人間対人工知能の翻訳対決」なるものが韓国で行われたそうです。

■人間、人工知能と「翻訳対決」で24.5対10の圧勝

「人間対人工知能の翻訳対決」世宗大学で開催

人間4人と人工知能翻訳ソフト3つが同じ課題を翻訳し、それを専門家3人が採点という形で、結果は、30点満点で人間が平均24.5点、機械翻訳が10点と人間の圧勝だったとのこと。

正確性なども含めて採点するなら、まだまだ人間が圧勝するのは当然で、予想どおりの結果だと言えるでしょう。ですから、そのあたりについては特にコメントしません。

着目したのは記事の末尾、「機械翻訳を活用する翻訳家」うんぬんのくだりです。

機械翻訳を活用した翻訳、機械翻訳を下訳に使う翻訳、機械翻訳+ポストエディットなど、言い方はいろいろとありますが、やり方自体は20年も前から話題になっていますし、実際、そういうやり方をしている人もそのころからいます。

正直、ああまたかと思う話なのですが、今回は、個人が言うのではなく、こうして報道までされるくらいに世の中がなっているわけで、それだけ注目度も高い、つまり、広がる可能性も高いのだろうなと思うわけです。

続きを読む "機械翻訳+PE vs. 人間翻訳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

トランスクリエーション?

数年前から「トランスクリエーション」なる単語を耳にするようになりました。つい先日発売された通訳翻訳ジャーナル2017春号にも「広告・マーケティング翻訳の新しい形 トランスクリエーションとはどんな仕事か」という記事が載っています。

上記記事によると、トランスクリエーションとは「ソース言語のコピーが喚起する感情や印象を把握し、それと同じものを喚起させるようなコピーをターゲット言語で書くこと」だそうです。

私の正直な感想は「なにそれ。それって単なる『翻訳』じゃん」です。

続きを読む "トランスクリエーション?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

日本翻訳連盟の理事を退任

昨日の社員総会をもって、一般社団法人日本翻訳連盟(JTF)の理事を退任しました。全部で7期14年、後半の5期10年は常務理事という肩書きになっていました。

理事になったのは、とある理事さんから、「JTFのイベントは翻訳者の参加が少ない。特に若い翻訳者が少ない。若い翻訳者が参加できるようにしたいので手伝ってくれないか」と言われたからです。それから15年ほど。最近は、翻訳祭などのイベントに翻訳者もかなりの人数が参加するようになっていますし、若い人の姿もかなり見られるようになりました。まあ、増えた理由は、私のみの功績ではもちろんありませんし、それどころか、私の功績が多少なりともあったのかなかったのかもわからないわけではありますが。

それはともかく。

団体の役職というのはある程度の周期で交代していくほうがいろいろな意味でいいと私は思っています。組織の新陳代謝という面でも交代すべきですし、役職が人を作るという面でも交代してなるべく多くの人がその恩恵に浴したほうがいいでしょう。どこかでしゃべる機会を与えてもらえる、話を聞いてもらえるという面でも、肩書があるほうがよかったりします。そんなこんなを考えると、常務という役付理事になって10年というのは長すぎたくらいだろうとも思います。

実現したいと思って根回しをしていた案件を最終的に形にできていないのが心残りですが、今回の役員改選で新たに個人翻訳者理事になった方々を含め、あとは残る方々に託すことにします。

今後は、一会員として日本翻訳連盟にかかわっていくことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

JTF翻訳業界調査(個人翻訳者編)の報告

昨日、日本翻訳連盟(JTF)の総会・基調講演・懇親会がありました。今年の基調講演は、私も委員としてかかわった「第4回翻訳業界調査」の報告です。

翻訳企業編は別の委員が報告し、私は個人翻訳者編を担当。私が使える時間は30分くらいしかなかったのですが、調査報告書の内容をざあ~っと駆け足で紹介したあと、報告書作成後に追加でやってみた解析を交えて報告しました。

業界関係の調査は、翻訳系の雑誌で昔からやられていますが、集計はいわゆる単純集計ばかりです。それはそれで有用ですし、それ以上の分析はとたんに大変になるのでふつうは単純集計しかやらないものなのですが……今回は、名前やメールアドレスなど、個人を特定できる情報を削除した状態で生データを受け取り、いろいろなパラメーターのクロス分析などをしてみたわけです。このブログでも、単純集計されたデータをもとに2次分析をいろいろとしていますが、今回は、元データにアクセスできるので、いままでわからなかったこともわかるはずです。

●雑誌に掲載された調査結果をもとにした2次分析

続きを読む "JTF翻訳業界調査(個人翻訳者編)の報告"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

消費税引き上げ分の価格転嫁について

来春の消費税アップを前に、内閣府のウェブサイトに「消費税価格転嫁等対策」というページが作られています。ここには、2014年4月(および2015年4月)に予定されている消費税アップに伴うあれこれについて、国が作成したガイドラインやパンフレットがたくさん集められています。

そのなかから、翻訳会社との交渉で役に立ちそうなものをピックアップしてみます。

「法律ではこういうことになっていますので……」とここに紹介するPDFを翻訳会社に送って読んでもらうといった方法も、交渉の一助になるのではないかと思います(居丈高に「法律でこう決まっているからやれ!」みたいな交渉は、たいがい、いい結果を生みません)。もちろん、私のウェブサイトの記事(「消費税の取り扱い」、「業界最大手が外税方式へ移行」、この記事)を翻訳会社へ紹介していただいてもかまいません。「肩書きのある人が書いてますよ~」というアピールをしたほうがいいと思えば、「日本翻訳連盟(JTF)の常務理事をしている人が書いているブログです」と紹介していただいてもかまいません。

本記事末尾に、国の相談窓口も紹介しています。万が一の場合には、こちらへ相談するというのも手かもしれません。あ、JTF会員の場合は、その前に、まず、JTFのトラブル防止委員会に相談するのがいいでしょう。JTF事務局に連絡すれば話を回してくれます。

続きを読む "消費税引き上げ分の価格転嫁について"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

業界最大手が外税方式へ移行

このところ明るい話題の少ない翻訳業界に朗報です。業界最大手の翻訳会社、翻訳センターさんが、翻訳者への支払いを内税から外税に移行すると決めたそうです。来年4月に消費税が5%から8%へあがりますが、翻訳センターさんについては、その際、消費税アップ分が正しく処理されることになります。

続きを読む "業界最大手が外税方式へ移行"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

JTF「翻訳業界の実態調査アンケート」 にご協力を

JTFの「翻訳業界の実態調査アンケート」 、今年は個人翻訳者も対象となっています。回答期限は2013年12月6日(金)まで。この調査で、単価など、業界全体の現状がわかれば、そのなかで自分がどういう位置にいるのかもわかることになります。ぜひ、ご協力を。

最初に名前や電子メールを入力すると、『2013年度 翻訳白書 「-第4回翻訳業界調査結果報告書-(PDF)」』が送られてきます。一応、年商などの回答内容と名前や電子メールなどの情報は切り離して処理されますが、気になる人は、名前や電子メールを空欄の匿名とすることもできます。名前や電子メールを入力しないと翻訳白書がもらえないわけですが、JTF会員であれば、事務局からもらうことができるはずですし、翻訳白書をもとに業界の現状をどう考えるのかといったことは、このブログでも検討することになると思いますので、それなりの情報は得られるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

分納や部分翻訳について

産業系では分納を求められることが珍しくありません。このごろは納期が厳しくなっているため、翻訳と平行して後工程を進めたいと翻訳会社が考えることも多く、増える傾向にあると言えるでしょう。概要を早く知りたいからExecutive Summaryだけ先にちょうだいと言われることもあります。書籍でも、どうしてもこの時期に出さなければならないなどの場合に分納せざるをえなくなる場合があります(『スティーブ・ジョブズ』の場合もそうでした)。

産業系の場合、部分翻訳を求められる場合もあります。こことここだけ訳してとマーキングされた原稿が届いたりするわけです。前後処理で翻訳メモリーを使うのか、文単位でまだらにマーキングされていたりします。

こういう要望にはそれなりの理由もあったりはするのですが、翻訳をする人間からすればなんともむちゃな要求だったりします。「機械翻訳に関する天動説と地動説、そして解釈学的循環」に書いたように、解釈という作業は(実は表現側の作業も)循環的であり、ある部分だけを取りだすことが不可能だからです。

続きを読む "分納や部分翻訳について"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

消費税の取り扱い

消費税は、特に我々翻訳者のような零細事業者の場合、もらえたりもらえなかったりといろいろだったりするようです。「課税売上高が1000万円以下のいわゆる『消費税の免税業者』には消費税を払わない」と明言している翻訳会社も少なくありません。

このあたり、世間的にはいろいろと誤解されているようなので、簡単にまとめてみたいと思います。

実は、このあたりを知り合いに説明しなければならなくなり、ざっとまとめたので、ブログのほうにも投稿することにしました。前々から書かなきゃ、書かなきゃと思ってのびのびになっていたのでm(._.)m

続きを読む "消費税の取り扱い"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

翻訳料不払いを繰り返している会社-一般的な調べ方

前回のエントリー、「翻訳料不払いを繰り返している会社」で「このブログにおいてこれ以上の詳しいことは書けません」と書きましたが、その後、もう少し書ける点があることに気づきました。取引先の信用をチェックする方法です。

新しい取引先についてはいろいろな形で調査をおこなうとともに、少しずつ取引を拡大してお互いの信頼関係を築いてゆくのが基本となります。まともなところであっても、自分とは相性が悪いなどのケースもありますからね。

では、調査はどのようにおこなえばいいのでしょう。

まともに信用調査をしようと思えば帝国データバンクなどを使うことになりますが、今回ほど悪質な場合は、そこまでしなくても比較的簡単な方法で確認できる可能性があります。

参考情報

続きを読む "翻訳料不払いを繰り返している会社-一般的な調べ方"

| | コメント (17) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧