« 『「編集手帳」の文章術』 | トップページ

2022年10月 2日 (日)

ビジネス vs. 職人仕事

ビジネス vs. 職人仕事

ずいぶん前に書いたのに、投稿を忘れていたようですm(._.)m

■寿司職人が何年も修行するのは、本当にバカな行為なのか

なる記事をみかけました。だいぶ前に書かれたものなのですが。

我々の仕事も同じだよなと思いました。っていうか、昔から、私は、「我々は職人ですから」とよく言ってきています。職人って、どんな仕事でも同じなのではないかと。

ギリギリ客に出せるレベルなら、それなりの手間暇で到達できます(全員とは言わない)。そこまで効率的に到達する方法もそれなりにあるでしょう。でも、そこからもう一歩、二歩、三歩先のレベルまで行きたければ、かなり長い時間をかけてさまざまな努力をしなければなりません。

寿司職人と違う点は、製品を作るときにも同じことが言えるってことと(寿司職人の場合、少なくとも客前での仕事としては、上手な人のほうが時間がかかるってことはない、はず)、そこでどういうやり方をしているかでさらに伸びたり、逆に手が荒れて力が落ちたりするってことでしょうか。

ギリギリ客に出せる質でよければやり方はいろいろあります。いわゆる「効率的に仕事をする」という方法も含めて。でも、そこからもう一歩、二歩、三歩、先に行こうとすればとたんに非効率になってしまいます。「ビジネス」として考えるなら効率を最優先に追求するのもアリでしょうし、たぶん、短期的にはそのほうが儲かるでしょう。

でも、そういうやり方で、一生、仕事をしていくことができるのでしょうか? 職人は、自分の腕一本で生きていかなければならない世界なのに。モチベーションなど自分側の問題もあるはずだし、仕事環境の変化など外部の問題もあるはずなのに。ついでに言えば、もう一歩、二歩、三歩、先に行けば、単価を上げたり仕事を選んだりできるようになるはずだし(少なくとも私はそういう例を掃いて捨てるほど見てきた)、そうなっている人は業界内で「あの人はいいよね」と言われることが多いのに。

基本的に、翻訳会社はビジネスの世界、我々現場は職人の世界。

翻訳業界を見る際には、そういう視点も加味する必要があると思います。

|

« 『「編集手帳」の文章術』 | トップページ

翻訳-ビジネス的側面」カテゴリの記事

翻訳-雑記」カテゴリの記事

コメント

書いていらっしゃることを100%は理解できていないかもしれませんが、

>翻訳会社はビジネスの世界、我々現場は職人の世界

これは私の認識の基本でもあるなあと思い、心強く思いました。そして、我々はその翻訳会社のビジネスと何とか折り合うことで金を得ているのだから、折り合うための手法や妥協点を自分なりに確立するのが、自分達の「ビジネス」の部分。翻訳会社のビジネスに迎合しすぎる人々や、職人としての思いにこだわりすぎる人々は、どうも私とは話が合わない感じがします。

投稿: べんがら | 2022年10月20日 (木) 09時53分

職人としては、翻訳会社側が「ビジネスとして」、職人を育てる姿勢、職人が育つのを支援する姿勢(翻訳者のモチベーションのこととか、時間的なこととか、金銭的なこととかの面で)を、もうちょっとわかりやすくもって下さってもいいんじゃないかなと思うこともありますが……(^^;)。ビジネスとしても、人材の使い捨ては、長続きしない危険があるでしょうし。

投稿: べんがら | 2022年10月20日 (木) 10時03分

長期的に考えるならビジネスとしてもそうなんですけど、ただ、翻訳会社はほとんど零細で、そんな先のことなんて考えてる余裕、ないっていうのも、また、事実なのではないかと。「職人を育てる姿勢、職人が育つのを支援する姿勢」で臨んでも、登録翻訳者の全員がその心意気に応えてくれるかっていうとそうでもなかったりするので、零細だと「やってらんね~」となるだろうなとも思ってしまいます。一時期、翻訳会社になることをめざしてみた時期があるんですが、結局やめた理由のひとつにそれがあります。

投稿: Buckeye | 2022年10月24日 (月) 15時52分

でしょうね。せめてトップクラスの上場企業には、さすがに業界を代表する企業、業界全体の未来を考えてすべきことをしてくれていると思えるような姿勢を見せてくれるとうれしいなと思います。先日、ほとんど期待せずに(どうせダメだろうけど、対応によっては俺も腹を括ると覚悟して)交渉した某企業が、こちらの希望を十分に考慮した回答をくれたのは、久しぶりにうれしく思いました。

投稿: べんがら | 2022年10月26日 (水) 05時14分

矜持が欲しいっすよね。我々も矜持をもって仕事をしているわけですし。

投稿: Buckeye | 2022年11月 3日 (木) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『「編集手帳」の文章術』 | トップページ