« ひょうたん図 | トップページ | 英語の複数形を「たち」や「ら」と訳していいのか »

2020年2月27日 (木)

insightの訳し方

ITmedia NEWSの記事「insightの翻訳に求められる洞察力」を知り合いが取り上げ、自分はinsightをどう訳しているかという話をしていたので、私はどうしているのだろうと思い、ここ数年の仕事についてざっと確認してみました。

insightって、たしかに、訳しにくいんですよね。

辞書だと、研究社大英和なら「眼識, 見識, 識見; 看破力, 明察, 洞察」なんて訳語候補が並んでいますが、正直なところ使いにくい言葉ばかりです。よっぽどお堅い文脈でないと、ちょっと。私は、産業系も昔は論文とか堅いものだったので洞察とか使えたと思うのですが、最近はマーケティング系ばかりだったりしますし、書籍も一般向けのビジネス書という位置づけなので、ちょ~っと使いにくかったりします。中身がまじめな分、せめて、言葉遣いくらいとっつきやすくしたいですし。

海野さんの辞書でも、「洞察(力), 眼識,見識, 卓見, 識見, 慧眼[炯眼](ケイガン), 見通し, 先見性, 先見(の明)」と、この単語については、これといった候補がありません。

なので、毎回、文脈に応じていろいろ工夫することになります。っていうか、してきたはずだと思って確認してみました。

比較的使いやすいのは、上記記事でも取り上げられていますが、「知見」だと思います。実際、私も、一番よく使っているのは「知見」だったようです。まあ、そう思っているってことはそうなるのが当たり前ですよね(^^;)

でも、「知見」と訳したのは、せいぜい2割くらいのようです。

invaluable insights and comments
貴重な「知見」や意見
who chose to trust us with their personal memories, impressions, and insights
個人的な記憶や印象、「知見」などを我々に託してくださった
research insights
研究で得た「知見」

最後の例は、文脈によっては研究「成果」もありうると思ったら、実際、そう訳しているケースがありました。

A further significant insight offered by the study
本研究の大きな「成果」

辞書に出てくる訳語候補でわりとよく使われるのが「洞察」なんですが、私の場合、「洞察」系は、洞察力という形以外ではまず使いません(使ってないと思います)。洞察って、よっぽど堅い文章でないと、どうにも座りが悪くて。

keen insight
鋭い「洞察力」

あとは、もう、毎回、これでもかってくらいにばらばらでした。

become more comfortable in eliciting insights from below
部下の「考え」(いまふり返ると「意見」もありかと)
the conversations yielded a fundamental insight
基本になる「ポイント」
○○’s role is to use data-driven insights to keep ……
データをもとに工夫する(use insights → 工夫する)
sharing knowledge and insights
状況をみんなに知ってもらい(knowledge and insights → 状況)
This insight seems obvious now
いまなら当然の「主張」に思えるかもしれないが
○○’s question was insightful
こういう質問をするあたり、さすがに「鋭い」
gave him insight into another traditional industry
従来型産業がどういうところなのかをかなり「理解」することができた
his always entertaining and sometimes misleading insights about
わくわくするが、惑わせることもある「話」を展開して

上記記事の最後に「もっとしっくりくる日本語があったら、誰か教えてください」とあるんですが、「そんなのない」としか言いようがないみたいですね。

|

« ひょうたん図 | トップページ | 英語の複数形を「たち」や「ら」と訳していいのか »

翻訳-具体的な訳し方など」カテゴリの記事

コメント

insight、難しいですね。ちなみに当方に回ってくるIT系のものでは「インサイト」を望む方がけっこういらっしゃいます。「洞察」もそこそこあります。
ちなみに「パフォーマンス・インサイト」というソフトウェアもあります。

投稿: 久志本克己 | 2020年2月28日 (金) 11時43分

インサイトってカタカナにしてよければ、こんな楽なこと、ありませんよね~。もう一歩進めて、insightのママにさせてもらえればさらに楽かも。で、もう一歩進めて、ほかも英語ママにさせてもえればさらに……(^^;)

まあ、マジな話、いろんな意味でそれが楽ですし、英語のinsightがなにを意味しているのかを知ればインサイトでも洞察でも話は通じますしで、少なくとも、業界ジャーゴンレベルでは十分に通用しますよね。っていうか、たぶん、通用してますよね。

投稿: Buckeye | 2020年3月12日 (木) 09時28分

業界ジャーゴンはいろいろありますね。今現在の「コロナウィルス」で気になっているのは「オーバーシュート」、これ、使い方がおかしい。
このまま定着したら怖い。
「クラスター」も。

投稿: 久志本克己 | 2020年3月22日 (日) 12時55分

オーバーシュートって、学生時代から使ってきている用語なんですけど、今回の使い方はなんとも意味不明で気持ち悪いとしか言いようがありません。そういう事態はオーバーシュートがカバーしている意味範囲にはないだろうって。

クラスターは、クラスター爆弾みたいにぱぁっと感染が散るという感じでそれなりな気もしますけど。

投稿: Buckeye | 2020年3月25日 (水) 12時26分

クラスターに「病気関係」という色がつくことを恐れています。本来の意味が伝わるのであれば、何の問題もありません。でも、「オーバーシュート」を見ると・・・

投稿: 久志本克己 | 2020年3月25日 (水) 19時38分

ですね~。いろいろとどもならん感が強いっす。

投稿: Buckeye | 2020年3月27日 (金) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひょうたん図 | トップページ | 英語の複数形を「たち」や「ら」と訳していいのか »