« 『なんでもわかるキリスト教大事典』 | トップページ | Googleが訳語・表現のコーパスとして使えなくなる? »

2012年5月 1日 (火)

源泉徴収税率の変更

来年、平成25年の1月1日から源泉徴収の税率が変更になるようです。

現在は、1カ月の支払いが100万円までは10%、100万円を超える部分については20%が源泉徴収となっています。これが、100万円までは10.21%、100万円を超える部分については20.42%になるそうです。理由は、復興特別所得税。復興特別所得税は25年間なので、私なんかは仕事をやめるまでずっと続くことになるのでしょう。

個人翻訳者で源泉徴収されているだけの場合、特になにもする必要はありません。お上に預けておくお金が増えることにはなりますけどね。

一方、法人化しているなどの理由で源泉徴収義務者となっており、かつ、仕事を外注しているような場合、注意が必要です。従来どおりの10%で処理してしまうと、あとから修正しなければならなくなりますし、そのお金はおそらく自分が負担しなければならなくなりますから。

|

« 『なんでもわかるキリスト教大事典』 | トップページ | Googleが訳語・表現のコーパスとして使えなくなる? »

翻訳-ビジネス的側面」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/54606043

この記事へのトラックバック一覧です: 源泉徴収税率の変更:

« 『なんでもわかるキリスト教大事典』 | トップページ | Googleが訳語・表現のコーパスとして使えなくなる? »