« JTF関西セミナー2012 | トップページ | 悲惨な翻訳のリライト案件 »

2012年2月 4日 (土)

フリーランサーが生産性をあげる方法

ツイッターでピックアップされていて知った記事です。

ここに挙げられている方法はだいたいそのとおりだと思いますが(音楽については人によるかも)、実は、とっても大事な方法がひとつ抜けています。

「生産性が低い仕事を切る」です。

我々翻訳者なら、文書の種類や分野で自分が苦手としているもの、翻訳以外の周辺作業で時間単価が翻訳の時間単価より安くなるもの、さらにはお金にならない周辺業務などをどこまで減らせるかが総体的な生産性をあげる重要なポイントになります。

もちろん、長期計画として伸ばしてゆきたいエリアなら短期的に生産性が低くてもするべきです。また、お金にならないところから人脈が生まれ、いろいろと新しい展開につながることもよくあります。だから、私の場合、お金にならない話は「やるべき」か「やっていて楽しい」ならやることにしています。なんとなくやってしまうというのはよくないと思うので。

|

« JTF関西セミナー2012 | トップページ | 悲惨な翻訳のリライト案件 »

翻訳-ビジネス的側面」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/53898849

この記事へのトラックバック一覧です: フリーランサーが生産性をあげる方法:

« JTF関西セミナー2012 | トップページ | 悲惨な翻訳のリライト案件 »