« 翻訳フォーラム勉強会-"Philomel Cottage"を題材に | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』 »

2011年6月 1日 (水)

アップルの新OSは「ライオン」

アップルの新しいOS、"Lion"の日本語表記は「ライオン」のようです。

「Apple、6月6日(月)の基調講演で次世代のソフトウェアを発表」

このふたつ前の"Leopard"が豹という意味ではおそらくもっとも日本語に定着している「レオパード」ではなく原音に近い「レパード」となっていたので、今度の"Lion"は日本語に定着した「ライオン」かそれとも原音に近い「ライアン」か、どちらになるのだろうと、「『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』-誤訳の指摘」のコメント欄に書いていたのですが。さすがに「ライオン」ほどしっかり日本語に定着していると、原音に近い「ライアン」にはしないということなのでしょうね。

|

« 翻訳フォーラム勉強会-"Philomel Cottage"を題材に | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』 »

翻訳-雑記」カテゴリの記事

コメント

今回は日本語であまりブレない単語で何より ^^

ところでコードネームって、正式な製品名ではないということで既存の商標との競合があまり問題にならないんですよね、きっと。

もし問題になるのなら、「ライオン」は日本国内ではひっかかりそうです。なにしろ、LION というロゴを登録するとき、NO17 も一緒に登録したという有名なエピソードがあるくらいの会社です。

投稿: baldhatter | 2011年6月 2日 (木) 01時47分

上下反対にしたときそっくりに見えるものもってことですか。そらまた……いや、用意周到なところならそのくらいはやりそうですが。製品に印刷したものとか、上下ひっくり返って見えることも少なくないですからね。

投稿: Buckeye | 2011年6月 2日 (木) 08時01分

こんにちは。
iPhoneの時は、アイホン(上場企業・テレビドアホン等を作っている会社)と交渉したはずですね。

英語表記はAIPHONEですが日本語読みは同じ音ですから。

新しいOS(ライオン)の導入は、次にiMacを買う時になりそうです(来年かな?)

投稿: takey | 2011年6月 2日 (木) 09時59分

iPhoneは「アイフォン」(↓)だからいいんじゃないかと思ったんですが
http://www.apple.com/jp/news/2008/feb/05iphoneipodtouch.html

チェックしてみると、どうも、アイホンとの交渉、したようですね(↓)
http://www.apple.com/jp/iphone/

紛らわしいっちゃ紛らわしいというか、アイホンと書いちゃう人も少なくないからなんでしょうか。

私はiPad 2を買いにアップルストアに行きたいと思ってるんですが、なんか、9月後半までその余裕がなさそうで……

投稿: Buckeye | 2011年6月 2日 (木) 10時10分

そうなんです。いろんなところに、このライセンスに関する断り書き入ってます。

ところで「ライオン/ライアン」。「ライアン」のほうはたぶん Ryan などの人名のカタカナとして定着してますよね。それもあって、今度の OS を「ライアン」と書く例はきっと出てこないでしょう。

投稿: baldhatter | 2011年6月 2日 (木) 10時54分

新OS「LION」遂に発売へ。
それも僅か2600円。Windowsの高価格が際立つ値段設定。しかもWindowsよりも高性能なのだから。どの段階でUpdateすべきか。

投稿: takey | 2011年7月20日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/51823913

この記事へのトラックバック一覧です: アップルの新OSは「ライオン」:

« 翻訳フォーラム勉強会-"Philomel Cottage"を題材に | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』 »