« ビジネス技術実用英語大辞典 第5版 | トップページ | 収益最大化のポイント-時間単価 »

2010年8月13日 (金)

ポータブルWiFiルータ(docomo)

携帯電話の回線を用いてワイヤレス通信ができるポータブルWiFiルータ、先日、ミニオフで見せてもらって興味を引かれたのですが、結局、私も購入してしまいました。

最近はやりのようで、数社から似たような製品が売り出されていますし、各社ともキャンペーン中でそれなりにお得な状況です(といっても、もっと普及すればもっと安くなるので不要な人が急いで買うことはないと思いますが)。

私が購入したのはdocomoの回線を用いるBuffaloの製品。毎月の使用料を基準に考えるなら他社製品のほうが安いのですが、一番、使いたい八ヶ岳エリアをきちんとカバーしているのがdocomoのみだったので、私にとっては選択肢がありませんでした。ちなみに人口カバー率、docomoは100%をうたっていますが、低いものは90%程度しかありません。カバーは当然に人口密度が高いところから覆ってゆくので、98%程度でも、ちょっと田舎にゆくとカバーされていないなんてことになります。90%だと、都市部しか使えないと思っておいたほうがいいくらいです。

とりあえず、今回、試験的につないでみました。今いる場所はわりと山の奥のほうなのですが接続は安定していますし、下り最大7.2Mbpsとのことで、それなりの速度です。スイッチを入れてからPCと接続されるまで30秒くらいかかるのでちょこちょこオンオフするとストレスがたまりそうですが、つないだあとは快適です。

ノートPCとこのルータを持ち歩けば、ほぼどこにいてもインターネットが使えることになります。平日に出かけるときなど、都心から山など、でかける先がどこでも必要ならネット環境が使えるわけで、いろいろな意味で安心できそうです。

料金は、使用量に応じて月額1000円~6000円程度(今はキャンペーンで、1年間は4500円くらいが上限になる)。上限でもADSL並みですし、使用量が少ない月は安くなるので、サブ用、安心用として確保するには悪くないように思います。

製品価格は実売で3万円前後のようですが、機器代金なしのキャンペーンをヨドバシがしていると上述の知り合いから教えてもらい、そちらで購入しました。手持ちのSIMカードを使うなどの場合はダメですが、ルータ用として新規に1回線を契約するケースなら、このキャンペーンが適用されます。

なお、このルータを教えてくれた知り合いは、くり返し使っているうちに細かい不具合が出ているようなことを言っています。製品が未成熟だからか、それとも他の機器との相性か、はたまた使い方の問題なのかはわかりません。

|

« ビジネス技術実用英語大辞典 第5版 | トップページ | 収益最大化のポイント-時間単価 »

PC-ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/49135800

この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルWiFiルータ(docomo):

« ビジネス技術実用英語大辞典 第5版 | トップページ | 収益最大化のポイント-時間単価 »