« 誤解されやすい翻訳業界の常識-直訳 vs. 意訳 | トップページ | 会社員の給与について »

2010年5月19日 (水)

MS Officeの表示拡縮-Ctrlキー+マウスホイール

たまたま気づいた小技を心覚えのためにメモ。Ctrlキーを押しながらマウスホイールを回すと、MS Officeの表示を拡大したり縮小したりできるんですね。ブラウザでは昔からよく使っていた方法なのですが、MS Officeでもできるとは知りませんでした。

まあ、とっても有名な小技で知らなかったのは私くらい、なんてことかもしれませんが……なにせMS Officeの使用を最小限に抑えるため、SimplyTermsなんてアプリケーションを作って公開しているくらいOfficeを使わない人なので (^^;)

ついでにテストしてみたら、Acrobatも同じ方法で表示の拡縮ができました。

けっこう便利かも。

|

« 誤解されやすい翻訳業界の常識-直訳 vs. 意訳 | トップページ | 会社員の給与について »

PC-ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

確かめてみたら、秀丸エディタにも同じ動作が実装されてました(Ver.8から)。

--------------------
前エントリーではコメントするのが憚られたので、こちらに。

> ビーカーでお茶なんて有り得ない

ビーカーでラーメンというのもありでした。男子校時代。

投稿: baldhatter | 2010年5月20日 (木) 01時49分

あれ? 秀丸エディタも確かめたはずなのに……って、Ver.8はサブマシンにしかインストールしてませんでした。メインマシンは仕事のあと、1日の最後にインストールと思ってそのまま忘れていたようで(^^;)

>> ビーカーでラーメンというのもありでした。男子校時代。

そ、それは……経験ない……まあ、カップヌードルとか縦型のものもけっこうあるから、やってみればあんまり違和感ないかも。

投稿: Buckeye | 2010年5月20日 (木) 05時03分

中年翻訳者にはありがたい機能です。

MSに望む機能改善としては、Excelで作業をすることを強いられる翻訳者のために、テキストの編集のしやすいフォーマットをExcelで実現してほしいものです。

投稿: TK | 2010年5月21日 (金) 11時11分

SimplyTermsでテキスト化してしまえば、好きな環境で作業ができますよ。もともと、ExcelもPptも、それこそWordも使いたくないから、ぜ~んぶテキスト化して処理しようって考えて作ったツールですから。

http://homepage2.nifty.com/buckeye/software/transtools.htm

投稿: Buckeye | 2010年5月21日 (金) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/48400739

この記事へのトラックバック一覧です: MS Officeの表示拡縮-Ctrlキー+マウスホイール:

« 誤解されやすい翻訳業界の常識-直訳 vs. 意訳 | トップページ | 会社員の給与について »