« 分からなくても分かっているように訳せる? | トップページ | ツール導入でどの程度スピードが上げられるか »

2009年11月 7日 (土)

翻訳作業時間モデル

翻訳の作業を種類ごとに分割したら、それぞれにどのくらい時間がかかるものでしょうか。もちろん、訳文を考えながら辞書引きや入力を並行処理しているわけで、明確に分けられるものではないのですが、一応の目安として考えてみます。この目安があれば、それぞの作業をどのように改良していったらいいのか、考えることができると思いますから。

翻訳ツール-人間とパソコンの役割分担」にあげた表を再掲します。

翻訳作業の流れ ポイント 担当 効率アップのポイント
1. 原文を読む
  • 英文をふつうに読むスピードは50~250ワード/分と言われる
  • 翻訳のために精読するときは、この半分くらいか?
人間 実力アップ
2. 辞書引きや用語確認
(用語集に登録されている
用語の確認を含む)
  • 辞書ソフトに単語を入力して検索ボタンをクリックするなどの手を動かす作業(辞書引き)
  • クライアント支給の用語集を検索して訳語を見つける
  • クライアント支給の表記に合致した訳語で統一する
コンピュータ ツール活用
  • 適切な訳語を探したり、辞書になる訳語を案出したりする頭を使う作業
人間 実力アップ
3. 訳文を考える
  • 訳文の入力と一体化していることが多く分けて考えるのは難しいが、イメージとして分けて考える。
  • ポイントのひとつとして、入力しながら考えると、思考のスピードが入力スピードまでしか上がらないという点があげられる
人間 実力アップ
4. 訳文の入力
  • 日本語の入力速度=50~100文字/分くらい
  • 訳文を考えつつ入力→遅くなる
コンピュータ+人間 ツール活用
+実力アップ

実は昔、この数字を前提に、翻訳が遅い人から速い人まで、段階に分けて作業時間モデルを作ってみたことがあります。辞書引きソフトを使った串刺し検索などは行うが、それ以外に特殊なツールなし、普通に読んで普通に訳文を考え、普通に入力する。そういう前提です。

●仮定条件など

「入力」は、入力スピードの実際的な実効値を推定したものです。遅い人は書きなおしたりすることが多いので、その分、入力スピードを遅く仮定してあります。
実際は「入力」しつつ考えているわけで、「入力」の時間の一部は考える側に入れるべきかもしれません。逆に、考えつつ入力しているから入力スピードが遅くなるという側面もあり、実際のイメージとしてはこんなものだと言っていいのかもしれません。

「用語確認など」には、訳語と訳文との相性を考えている時間を含みます。そういうことを考えると、ここは「訳文を考える」に含めるべきかもしれませんが、上表と同じで便宜上、分割します。

「用語確認など」のスピードは平均です。つまり、調べる単語も調べない単語も含めた数字。ここはスピードから時間を考えたのではなく、逆に1時間あたりこのくらい調べ物に使うだろうというほうから入っています。できる人ほど調べなければならないものの割合は減りますし、1単語を調べるのに要する時間も減ります。そのあたりからえいやぁとかなり適当に出しています。

「考える」はじっと考えている時間というイメージです。入力の手もとまり、辞書を引くわけでもなく、どうしようかといろいろ考えているときだけを取り出したと思えばいいでしょう。

一体化している作業も多いですし、自分でも分けて測ってみたわけでもありません。仮定だらけで、この仮定が外れている可能性も当然にあります。つまり当たるも八卦当たらぬも八卦みたいなレベルですが、一応、こんな感じではないかと私は思っています。

■翻訳作業の内訳モデル

●遅い人……1時間100ワード(仕上がり0.75枚、300字)

作業種別 所要時間 スピード
原文を読む 5分 20ワード/分
用語確認など 20分 2ワード/分
訳文を考える 25分 4ワード/分
入力 10分 30字/分

●普通の人……1時間200ワード(仕上がり1.5枚、600字)

作業 所要時間 スピード
原文を読む 5分 40ワード/分
用語確認など 20分 5ワード/分
訳文を考える 20分 10ワード/分
入力 15分 40字/分

●速い人……1時間400ワード(仕上がり3枚、1200字)

作業 所要時間 スピード
原文を読む 5分 80ワード/分
用語確認など 15分 10ワード/分
訳文を考える 20分 20ワード/分
入力 20分 60字/分

●とても速い人……1時間650ワード(仕上がり5枚、2000字)

作業 所要時間 スピード
原文を読む 7分 90ワード/分
用語確認など 18分 20ワード/分
訳文を考える 15分 40ワード/分
入力 20分 100字/分

●めちゃめちゃ速い人……1時間900ワード(仕上がり7枚、2800字)

作業 所要時間 スピード
原文を読む 10分 90ワード/分
用語確認など 10分 35ワード/分
訳文を考える 15分 60ワード/分
入力 25分 110字/分

|

« 分からなくても分かっているように訳せる? | トップページ | ツール導入でどの程度スピードが上げられるか »

翻訳-スキルアップ(総論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/46694843

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳作業時間モデル:

« 分からなくても分かっているように訳せる? | トップページ | ツール導入でどの程度スピードが上げられるか »