« アルクさん創立40周年 | トップページ | 『トライアル現場主義』 »

2009年2月 6日 (金)

トライアル

我々翻訳者が翻訳会社と取引を始める場合、最初にトライアルとして短い文章を訳して提出するのが普通です。だいたいは翻訳会社のほうで課題を用意していますが、適宜、訳したものの原文と訳文を提出してくれと言われることもあります。

■トライアルの目的

基本的に「翻訳者の実力を確認する」です。実力の確認もなしにいきなり仕事をやってもらったらボロボロだった……では、発注したほうはたまったものではありません。事前確認したいと考えるのが当然でしょう。つまり、「一種の試験」であり翻訳者としては「実力が試されている」という感覚になります。結果を合格・不合格と表現することが多いのも、そのあたりの感覚が双方にあるからでしょう。

私は、トライアル(およびそれにまつわるやりとり)には翻訳者の実力確認以上の役割があると考えています。

まず、この翻訳会社と付きあうべきか否か、それを翻訳者が判断するチャンスとなる点があげられます。トライアルにいたるやりとりやトライアルの処理などを見ていると、そこと自分との相性がいいのか悪いのかがぼんやりとですがわかったりするものです。

仕事という側面では、レート決定の基礎データとなる点が大きいでしょう。トライアルに合格したらレートをはじめとする各種の取引条件を詰めることになりますが、その際、こちらの実力を把握しておいてもらわないと条件交渉がやりにくくなります。翻訳のレートは品質との見合いで高い・安いが決まるわけですから。我々翻訳者としては、少しでも高く買ってもらいたいわけですが、買う側としては品質と見合う額を最高としてなるべく安く買いたいわけです。品質がわからなければ……買う側としてはとにかく安く抑えておくしかなくなってしまいます。翻訳者側から見れば、高く買ってもらいたければトライアルで実力を確認してもらうのが先決というわけです。

■トライアルの訳し方

トライアルの目的を考えれば、この案件が仕事として来たときと同じ訳し方をしておくのが一番いいと私は考えていますし、実際私はトライアルでもふだんと同じように処理してお終いにします。しかし、この考えはどちらかというと少数派のようです。

一般には、ふだんの仕事よりも時間をかけて丁寧に訳し、よくよく見直してから提出する人が多いようです。まずはトライアルを通らないとどうにもならないので、このくらいしてしまうのは人として当然かなと思います。

極端なケースでは、トライアルを突破することが第一義として他の人に訳してもらう人もいると聞いていますし、仲間内でいろいろと検討して訳文を作ることにしている翻訳者のグループがあると聞いたこともあります。これはもう、あきらかなズルで言語道断だと思いますし、そのようなことをしてもデメリットこそあれメリットはないように思います。

「フリーランス翻訳者として行う仕事」は、一つひとつがトライアルです。いい仕事をすれば指名でリピートオーダーが来るなど後につながるし、やっつけなど仕事内容がよくなければ仕事が減ったり切られたりします。そう考えれば、他人の力を借りて「トライアル」だけを突破しても意味がないことが分かります。その力を毎回の仕事で必ず借りられるのであればそれはそれでアリですが、そんなことはまずありませんから(配偶者がターゲット言語のネイティブで必ずチェックしてくれるのなら、トライアルもそのパターンでやってかまわないでしょう)。

トライアルと本番の仕事でデキが大きく違う場合、単純に切られるだけではすまないおそれがあります。トライアルを課す側の立場にたって考えてみましょう。トライアルはすばらしいできなのに本番の仕事はそこそこ、あるいは箸にも棒にもかからないほどひどかったら、どう思うでしょうか。トライアルでズルをしたか本番で手を抜いているか、どっちかだと思うのではないでしょうか。いずれにせよ、自分の信用を落とすことになります。会社という看板を持たないフリーランスにとって、一番、やってはならないことです。

|

« アルクさん創立40周年 | トップページ | 『トライアル現場主義』 »

翻訳-ビジネス的側面」カテゴリの記事

コメント

この記事で質問するのがベストなのか迷いましたが、他にどこでしたらよいかわからなかったのでここでします。

英日・日英翻訳トライアルに合格して翻訳会社から希望料金と8時間の作業量を知らせてくださいといわれました。

私としては英日8800円(原文200ワード)、日英8800円(原文400文字)を希望しているのですが妥当でしょうか。インターネットでみた翻訳者の希望料金と比較すると英日が高めで日英が低めのような気がします。

作業量の方は英日(原文1500ワード)、日英(原文3000文字)と考えています。

トライアルに合格して希望料金と作業量を知らせてくださいといわれたときのアドバイスをお願いします。

よろしくお願いします。

投稿: けい | 2018年9月12日 (水) 07時10分

だいぶ前のコメントなので、回答するには遅すぎるかと思いますが……この翌日、軽トラにはねられて膝に大けがをしてしまい、入院・手術などしていたもので、ほったらかしになってしまいましたm(._.)m

どのくらいの単価が妥当であるのかは、実力と、買い手がなにを求めているのかで変わってきます。ですから、英日8800円(原文200ワード)、日英8800円(原文400文字)が高すぎるかと問われてもお答えのしようがないのですが、その単価で買うところや買ってもらえる案件は少ないでしょう、とは言えると思います。

相場については、

「訳文基準と原文基準の単価の換算(日英翻訳の場合)」
http://buckeye.way-nifty.com/translator/2009/10/post-308c.html
「訳文基準と原文基準の単価の換算(英日翻訳の場合)」
http://buckeye.way-nifty.com/translator/2009/10/post-d58f.html

あたりを参考にしつつ

「産業翻訳者の現実的な収入はどの程度か」
http://buckeye.way-nifty.com/translator/2009/06/post-892c.html

あたりを読んでいただくと、ある程度わかるのではないかと思います。ただ、最初に申しあげたとおり、相場は相場であって、個別の事例については、実力と、買い手がなにを求めているのかでまったく違ってきます。

投稿: Buckeye | 2018年11月 4日 (日) 13時46分

作業量については、基本的に、自分のできる量を申告するしかありません。

一応、考えるべきポイントとしては……必要に応じてがんばることも可能ということなら自分にできる量の上限近く(量が多い人のほうが短納期に対応できるので翻訳会社としては使いやすい)、無理できない理由があるなら少なめにしておくというくらいでしょうか。

投稿: Buckeye | 2018年11月 4日 (日) 13時48分

お見舞い申し上げます。膝の怪我はいかがですか。早くよくなられることを願っています。膝の怪我だと寒くなると大変なのではと心配です。

お返事をありがとうございます。大変、参考になりました。教えていただいた3本の記事も読みました。

最短納期をきかれるのですが、これはどうやって計算するのですか。案件の分量を申告した1日の作業量で割って返事をしているのですが、そうすると答えた最短納期の半分の時間でして欲しいと言われます。こういう場合、答えた最短納期の半分の時間でも頑張ればどうにかなりそうなら、案件を引き受けた方がよいのでしょうか。

私の場合、そもそも申告した1日の作業量も正確ではなかったため(日英翻訳の場合、実際の作業量は申告したものより少なく1000字だということが最近わかりました)、申告した作業量に基づいて計算するのもおかしいのですが既に申告してしまっているためこの翻訳会社ではそれで計算しています。今後、1日の作業量をきかれたら正しいと思う作業量を申告します。

今、1社から時々、仕事をいただいているのですが、これだけでは生活をしていけないので他の翻訳会社に仕事をもらえるように頼んでみようと思っています。また、他に2社ほどトライアルを受けたい翻訳会社があるので受けようと思っています。ただ、今、仕事をいただいている会社の案件の納期に余裕がないので、この状態で他の翻訳会社から仕事をいただいても納品できるのか疑問です。今の翻訳会社は最初に案件の相談があるのですが、相談があっても正式に依頼がこないときもありますし、依頼がきても相談時の納期とは異なる納期でくるときもあります。相談後、正式な依頼がくる前に翻訳の下準備などをすれば、翻訳会社をもう1社増やしてもどうにかなるかもしれないとは思うのでそうするべきなのでしょうか。翻訳会社を1社増やしても大丈夫かと心配しているのに他の翻訳会社のトライアルを受けている場合かとも考えたりします。

人脈もなく、翻訳会社を通さないで翻訳の仕事を探す場合はどこから始めたらよいのでしょうか。

1. 最短納期のだし方
2. 自分では短いと思う納期でも仕事を引き受けるべきか
3. 2社以上の翻訳会社から仕事をいただいて案件が重なるときどうやって納品を可能にするか
4. 翻訳会社を通さない仕事の探し方

アドバイスをいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿: けい | 2018年11月13日 (火) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/43970333

この記事へのトラックバック一覧です: トライアル:

« アルクさん創立40周年 | トップページ | 『トライアル現場主義』 »