« 『スティーブ・ジョブズ-偶像復活』 | トップページ | 移転してきました »

2006年1月11日 (水)

いずこも同じ

建築とWebサイト制作、翻訳と業界は違えど、いずこも同じということのようです。まあ、日本全体がそうなっているってことなんでしょう。

日経BPのサイトに、「企業Webサイト制作現場の“非常識”」という連載が始まりました。その第1回は「姉歯事件は建築業界だけじゃない!」という記事。読んでみれば、あちこちの翻訳者コミュニティでよく出る話にそっくりです。

「モノづくりの良心を放棄したような例が多い」……「モノ」を「ドキュメント」に置き換えれば、翻訳業界にぴったり当てはまります。この記事にも書かれているとおり、「もっと安く」と言われ「ご冗談でしょ」と答える勇気が必要なんですが、実際に断る人は少ないんですよね。

私も、昔、二足のわらじ講座を書いていたときから、「断る勇気を持ちましょう」と書き続けています。もちろん、なかなか難しいことではあります。でも、それをしなければ、結局、自分の首を絞めることにもなってしまうわけです。

|

« 『スティーブ・ジョブズ-偶像復活』 | トップページ | 移転してきました »

翻訳-ビジネス的側面」カテゴリの記事

コメント

日経BPのサイト「企業Webサイト制作現場の“非常識”」、読みました。
日本の産業構造がこのような感じになってきているのかと思うと、空恐ろしい気がいたしますね。
「良心」を忘れずにお仕事に励みたいです。

投稿: ishida | 2006年1月12日 (木) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/40969911

この記事へのトラックバック一覧です: いずこも同じ:

» マンション耐震強度偽装と、翻訳業界の適正価格 [「翻訳会社、やってます!」奮闘記 Part2]
マンションの耐震強度の偽装事件、大きな社会問題となってきています。実際にお住まいになられる方々は倒壊の不安、今後の保証の心配、など、大変なご苦労をなさっ... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 16時20分

« 『スティーブ・ジョブズ-偶像復活』 | トップページ | 移転してきました »