自転車-ロングライドイベント

2019年5月14日 (火)

戦利品@軽井沢TSURUYA

軽井沢の巨大スーパー、TSURUYAで買ってきたものを、次回以降の心覚えもかねてメモっておきたい。

■ビール各種

20190514_081045_canon-ixy-650_img_1646
スーパーグランフォンド軽井沢2019-前日編」にも書いたが、タッチダウンのアルトがない夏場、定番ビールとしていつも宅配で買っている。送料がかからない分、お得なので、これは必須。秋口には、秋限定バージョンが出たりするので、秋グランフォンド軽井沢ではそちらかな。

あとは、ヤッホーブルーイングのポーターと春限定品。春限定品のほうは、季節も限定なら、販売地域も軽井沢地域のみらしい。「長く厳しい冬が終わり、ようやく訪れる軽井沢の春をイメージしたベルジャンゴールデンエールという種類のビールです。リンゴやプラムなどのフルーツを思わせる香りと、クローブやナツメグのようなスパイスのほのかな香りが調和しています」とのこと。ベルジャンゴールデンエールなら、何本かあってもいいかなと思って(限定の言葉に弱いってのももちろんあるんだけど^^;)。

■現品限りとなっていたチョコ各種

20190514_081129_canon-ixy-650_img_1647

現品限りとなっていたから買ったわけではなく、カカオ55%、ビターとビター系チョコだったから。これはお世話係へのお土産にする。チョコ好きなので。

続きを読む "戦利品@軽井沢TSURUYA"

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

スーパーグランフォンド軽井沢2019-当日編

3時40分、目覚ましで起床。夜中に何度も目を覚ましてしまい、あんまり寝た気がしない。少し暑かったようだ。気分的な問題はさておき、パフォーマンスに大きな影響が出るほどでないのは経験上わかっているので気にしない。

朝飯を食べながら、着替えたりボトルの準備をしたりする。

■朝飯

20190512_035738_iphone-7_img_1300

右側みっつが高原のパン屋さんから買ってきたもの、左側ふたつは軽井沢TSURUYAのパン。TSURUYA、店内にパン工房があるわけではないが、近くの提携パン工房から仕入れているらしいパンがいろいろと置かれている。

4時半、自転車で来た中川さんを乗せて会場へ向かう。

■中川さんの自転車を乗せるため、レイアウトをちょっと変更

20190512_043006_iphone-7_img_1305

自動車談義と自転車談義をしていたらあっという間についてしまった。

■今年のコース

もともとの予定は、地蔵峠(湯ノ丸)から高峰林道を通り、菱野エイドの少し先に降りてくるはずだった。ところが、4月に降った雪がまだ残っていて通行は難しいとのことで、直前に、通常コースと同じに変更となった次第。

距離150km、獲得標高3350m。スーパー・チャレンジの人たちは制限時間11時間。アンバサダーは、例年、このくらいのコースを走行時間6時間前後、休憩込みの所要時間7時間前後で走る。

続きを読む "スーパーグランフォンド軽井沢2019-当日編"

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

スーパーグランフォンド軽井沢2019-前日編

5時から打ち合わせということなので、午後2時ごろ、野辺山を出発。

■日に日に濃くなるカラマツの新緑がきれい

20190511_141238_canon-ixy-650_img_1623

高原のパン屋さんで翌日朝用のパンを買って軽井沢へ。

4時と早めにつくので、TSURUYAという巨大スーパーに立ち寄る。

事務局が手配してくれた宿が素泊まりなので晩飯を調達していかないといけない(外食すると遅くなって翌朝に差し障る。車だから飲めないし)。ビールを買いたいので、実際に買うのは打ち合わせ後だが、夜、早く寝たいので、下見をしてなにを買うか決めておきたいのだ。あと、日曜日にも立ち寄って買い物をしたいので、その下見も兼ねる。

まずビール売り場に行く。タッチダウンのアルトがない夏場、定番ビールとしていつも宅配で買っている軽井沢ブルワリーのアルトは、1箱、必ず買っていく。そう思っていたのだが、ばら売りのみで箱売りはないようだ。と、ちょうど、軽井沢ブルワリーのアルトを棚に並べている人がいる。明日1箱買って帰りたいと言うと、じゃあ、バックヤードに1箱残しておくので店の人に尋ねてくれとのこと。やったー。

晩飯は、山賊焼きに惹かれ、それを中心に全体量を調整することにした。

念のため、店内をあちこち見歩く。

■牛乳パン、たしかにこのあたりのソウルフードなんだ……

20190511_160429_iphone-7_img_1297

八ヶ岳関係の知り合いから、牛乳パンはこのあたりのソウルフードだと聞いていたのだけれど(牛乳たっぷりのパンも白いクリームも好きなので、以来、時々買っている)、その話もこれを見ると納得できる。メーカーとかいろいろ違うものが何種類も。「牛乳パンのクリーム」なるものまで売られている。ヤマザキの「牛乳入りパン」は、どうも、長野県内のみの販売らしい。

電子レンジと持ち帰り用の氷も確認しておく。店内に電子レンジはなく、温めるのはあきらめるしかなさそうだ。それでも、コンビニ弁当よりこっちで買うほうがいいしな。

20分ほど店内をうろうろし、なにも買わずに会場へ。

続きを読む "スーパーグランフォンド軽井沢2019-前日編"

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

スーパーグランフォンド軽井沢2019-準備編

この週末は、スーパーグランフォンド軽井沢をアンバサダーで走る予定。天気予報が土日月と雨マークになったり気をもんだが、その後好転し、どうやら、晴れのち曇りくらいの天気になるらしい。よかった~。軟弱なんで、雨降るとイベントはDNSにしようかなとか思うのだけれど、アンバサダーだとそういうわけにもいかないので。

ともかく、準備をしなきゃいけないのだけれど、心覚えにやることをメモっておく。

  • Di2充電(山は変速回数が多く、2週間に1回は充電しないとあぶない)
  • ペダリングモニター電池交換(ローバッテリー出た)
  • スプロケ交換?(去年はフロント52/36、リア11-32で走った)
  • チェーンメンテ
  • コースデータの取り込み(今年はルートラボのデータが公開されている。おととしは迷子になった^^;)
  • コースの概要メモを作成・ハンドルに貼り付け
  • 補聴器電池交換(途中で片方切れたりしたら困る。バランス感覚も狂うので)
  • 荷物準備(防寒対策、雨対策を忘れずに)
  • 持って走るものの入れ替え
  • テーパリング

続きを読む "スーパーグランフォンド軽井沢2019-準備編"

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

Attack! 299 2018――当日

今年はゴール地点がかなり先になったので、獲得標高3900mは変わらないが、距離が182kmとかなり伸びた。

■今年のコース

去年は麦草峠まで7時間40分という目標を掲げ、雨で冷えたのか両足つって8時間20分と前年の8時間よりずっと時間がかかるという結果に終わった。それから行くと、今年も麦草峠まで7時間40分でと言いたいところなのだが……今年は「昼間に運動はするな。命の危険がある」と警告がテレビでくり返されるほどの猛暑。災害レベルだそうで。そのなか、日がな一日、日に照らされつつ、自転車に乗りつづけよう、それも上り坂中心でというのだから、そもそも走ることがむちゃ。それでも走るなら無理は禁物だろう。甘く見てるとまじで死にかねない。主催者からも「こちらも~の用意をしているが、参加者も準備万端整えておくこと。また、走行中もいろいろと気をつけてくれ。DNS、DNFも考えたほうがいい」と異例のアナウンスがあったほど。

そんなこんながあるので、今年は、倒れないように気をつけて、できる範囲でなるべく速く走る、タイムはあんまり気にしない、ということにした。熱中症は搬送される人も死んじゃう人も年寄りが多いのだけれど、私はもうぼちぼちその年齢層に入るわけで。

朝2時半すぎ、目覚ましの直前に目が覚める。4時45分スタートなので、2時40分に目覚ましをかけていたんだけど。

■朝飯

20180805_024249_iphone_7_img_0711

朝飯を食べつつ、ボトルの準備などをしていく。

続きを読む "Attack! 299 2018――当日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

Attack! 299 2018――前日

今年は野辺山にいるときにAttack! 299がある。飯能までは輪行すればいいとして、問題はイベント終了後だ。ゴールが麦草峠だったときはそのまま野辺山まで走ったこともある。でも、去年から、ゴールが麦草峠を過ぎたところに変更となった。上り返すのも大変だけど、ぐるっと回るのも大変。むしろ上り返すのかな、車は信濃川上駅か佐久海ノ口駅にでもデポしておいて……と考えていた。と、直前になってゴールをよくよく確認したら、今回、さらに下って蓼科別荘地より下になっていた。ここから1000m近くも上り返すのは無理。あわてて、このあたりの知り合いに尋ね、甲斐小泉駅なら駐車場が大きくてシーズン中でもたいがい大丈夫という情報をゲット。甲斐小泉駅なら上り返しが少なくてすむ。

さらに、準備をしていたら、輪行セットをまちがえて持ってきており、輪行袋しかないことが判明。スプロケットにかぶせる袋はどうにでもなるが、リアディレーラーのガードがないのは痛い。いろいろアドバイスももらったが、結局、リアディレーラーを外すことに。

■リアディレーラーを外して養生

20180804_171928_iphone_7_img_0705

あと、今回、この直前にゲラが届いたので、移動中の時間が有効活用できると思ったのだけれど、なんとも荷物が多い。デイパックひとつに入りきれない。日曜日は荷物が空くのでなんとかなりそうだが、蓼科から甲斐小泉までゲラと原本をかついで走らなきゃいけない。それはつらそうだ。でも、移動の時間を有効に使っておかないと、野辺山に戻ったあと、ご飯食べてる時間に本を読んだりせず、ゲラ読みしなきゃいけない……ん? つまり、移動中に本を読み、戻ってからご飯中にゲラ読みすれば荷物少なくなるんじゃん。いかんな、どうも頭がかたくなってる。というわけで仕事は持たず、薄めの本を1冊持っていくことに。

続きを読む "Attack! 299 2018――前日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

北アルプス山麓グランフォンド2018――当日

目覚まし3時半に対し、3時15分に目が覚めた。短パン、Tシャツだったのだけれど、けっこう寝汗をかいていた。

着替えたりして4時から朝飯。おにぎり2個、いなり2個、バナナ1本。あとはみそ汁や牛乳、ジュースなどの汁物という感じ。内容も数量も基本的に決まっているのだが、各自取る形で列がなかなか進まない。我々は列が伸びる前に並んだからいいが、スタートが早い150kmで後ろのほうに並んでしまったら気が気じゃないだろう。

服装は、薄手アンダー(機能性のを買ったのでアンダーありにしてみた)、自転車屋さんチームのジャージ上下(コースケくんにそろえたつもりが、彼は「こんなときしか着られないから」と痛ジャージだった^^;)、指切りグローブと完全に夏仕様。ウインドブレーカーの類いは持たない。お天気よくて最高気温30℃超えが予想されているんだから。そうそう、日焼け止めをしっかり塗っておいた。

■北アルプス山麓グランフォンド2018の150kmコース

去年からけっこう変わっている。結果、獲得標高はルートラボで2830m→3300mと500mほど増えた。ともかく、今年は、朝一の涼しいうちにどこまで行けるか、後半、暑さに負けずに走れるかがポイントだろう。

ちなみに、今回一緒に走るコースケくんは上りが強く、下りに弱い。私は上りが弱く下りが得意。それぞれに気持ちよく走ると、上りでコースケくんが先行し、下りで私が追いつくという感じになりそうだ。

4時半ごろ朝食を終え、荷物を車に積んで自転車をスタート位置に持っていく。150kmはGPS装備とのことで、ゼッケンの裏にGPS発信器を貼り付けてもらった。

ちなみに、150kmは88チーム、243人がエントリー、だったかな。

■開会式の途中、山に朝日が当たり始める

20180722_050353_canon_ixy_650_img_0

続きを読む "北アルプス山麓グランフォンド2018――当日"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

北アルプス山麓グランフォンド2018――前日

去年走った北アルプス山麓グランフォンドの150kmを今年も走ることに。距離150km、獲得標高3300m。去年と同じく2人から5人のチームでなければエントリーできないので、SNSで「興味ある人~」と募集し、手を挙げてくれたコースケくん(販売店のチームで一緒の若者)とふたりで走ることになった。

私は山ごもりに入ってしまっているので、コースケくんに小淵沢まで来てもらってそこから車で行く。

今年は仕事がいろいろとわやでばたばたしているもので、実は、準備で大失敗をしている。チームをまとめてエントリーしたのが私なので私のところに資料が届いていたのだが、直前まで開けていなかったのだ。鹿島槍に向かう前日、資料を確認したら車検証を出せ、と。もらってきていない。私もコースケくんも直前に整備はしてあるので、自転車屋さんに頼めば車検証は書いてもらえるのだが……どうやって受けとるか。コースケくんは仕事でお店が開いてる時間には帰ってこれない。郵送してもらう時間はない。結局、こばっかいに受けとってもらって、この土日、野辺山に来るお世話係に持ってきてもらって受けとることに。時間の関係から、この受け渡しも小淵沢駅だ。

というわけで、小淵沢に向かう。小淵沢に行くのも久しぶりだ。子どもたちが小さいころはしょっちゅう行っていたのだけれど、最近はほとんど行っていない。そのころなら、この時間帯にこの道を通れば×分、こっちの道なら×分とだいたい覚えていたが、もう、忘れている。しかも、今回、お世話係の乗り換え時間に車検証をもらえなければDNSになりかねない。

というわけで、早めに出たら早すぎた(^^;) 9時に野辺山出たら、11時小淵沢駅でいいのに10時前についてしまった。いや、そんなだったような気はしてたんだけど。1時間以上も余裕があるので、パンパパン@リゾナーレで時間調整。そういうこともあるかと、というか、たぶんそうなるだろうと仕事を持ってきているので、そのあたり、余裕っちゃ余裕である。

■パンパパン@リゾナーレで仕事をしつつ時間調整

20180721_095419_canon_ixy_650_img_0

そろそろかなぁと車に向かいかけて気づいた。パンパパンのお向かいに珈琲屋さんがあるんじゃん。丸山珈琲といういわゆる専門店。うーん、こっちにすればよかったなぁ。いや、パンも好きなんだけど、ね。次回、小淵沢に来たときにはぜひ寄ろうと思ったけど、さて、その次回がいつになることやら。

続きを読む "北アルプス山麓グランフォンド2018――前日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

なるしま蓼科ロングラン2018――復路

前の晩早くに寝たこともあり、5時すぎにはすっきり目覚めてしまった。それならばとトイレでゆっくり軽量化にトライしたりしつつ、のんびりと準備を進める。8時には準備を整えて集合なのに朝食は7時からなので、ジャージに着替え、荷物も基本的に用意した上、自転車も外に出してから(エレベーター待ちの混雑を避けるため)朝食に。

朝食もバイキング。いつものようなパターンにパンやホットケーキ、牛すじ丼など炭水化物系を多めに追加しておく。と、小畑さんが持ってきたのは……ジュースとコーヒー、あとはパンなどの炭水化物ものの山。ほぼ完璧な炭水化物定食である。さ・す・が。

■朝の風景

20180520_080718_iphone_7_img_0576

荷物をあずけ、諸注意などを聞いたあと、集合写真を1枚。

■集合写真

20180520_194122__2018

参加は70人くらい、かな。私は左から1/4の後ろ気味にいるけど、自分で見てもよーわからんな。いつものジャージなら目立つんだけど(^^;)

帰路は基本的にフリーライドなので、脚の合う人同士、適当に組んで走ってくれとのこと。帰路も、もともとはABCと3コース用意されていたが、前日がきつかったので、みんな、基本的にCコースとなる直帰コースとのこと。Aコースは麦草越え。18時までになるしま立川店に戻れるならどうぞという話はあったが、まあ、無理せずCコースで戻ることに。

体は、一晩寝てそれなりにすっきりした感じ。だるさは残っているが筋肉痛といったことはない。無理しなければ特に問題はない、かな。

■復路Cコース

続きを読む "なるしま蓼科ロングラン2018――復路"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

なるしま蓼科ロングラン2018――往路

この土日はなるしま蓼科ロングラン2018。なるしま立川店から蓼科まで往復するイベントだ。何年も前から一度走りたいと思いつつ、毎年、なんだかんだで果たせずに来たが、今年はついに初参加、だ。

土曜日は往路で立川から蓼科まで。コースは、A(214km、up 4100m)、B(187km、up 3300m)、C(175km、up 2800m)と基本的に3種類で、このほか途中からCコースに参加するシニアコースとかも用意されている。

私は、往路Aコースを選択。B、Cはサポートカーもつくが、Aコースは随行なしの上、奥多摩から柳沢峠を越えて塩山に降りるまでコンビニもないなどいろいろと条件が悪い。そういう条件で走れる自信のある人だけ参加しろという警告付きの募集だった。

■往路Aコース

先週も日曜日にスーパーグランフォンド軽井沢を走ったばかり。あれもきつかったので、今週もメニューは軽め設定で回復重視。平日のメニューだけ見れば2週連続の回復週という感じだ。おかげで、CTL 93、TSB 22と数値的にはいい感じである。

実は、前日の金曜日、珍しく夜遅くまで都心で仕事があった(仕事が終わったのが10時)。そのときの会話。

(Buckeye)
明日がきついので、あと流れるといった話はパスし、これが終わったら急いで帰ります。
(仕事関係の人)
朝早くからどっか行くんでしたっけ。
(Buckeye)
はい。4時に起きて自転車で蓼科まで。
(仕事関係の人)
それは大変ですね。蓼科までは車で行って……?
(Buckeye)
いえ、自転車「で」蓼科まで行きます。
(仕事関係の人)
え……?

まあ、それが普通の人の感覚だわな。

ともかく、寝たのは12時ちょい過ぎ。3時40分に目が覚めたので、目覚ましを止めて起きてしまう。休みの日の朝4時に目覚ましでお世話係をたたき起こすのは避けられたけど、睡眠4時間弱。このところ何日か、長めに寝るなど準備はしていたが、やはり、ちょいきつい。

用意しておいたなるしまジャージ上下、薄手の袖なしアンダー、指切りグローブに着替えて軽く朝飯。泊まりの荷物を持って、5時10分、なるしま立川店に向けて走りはじめる。途中、薄皮あんパンで朝食の続きを食べつつ。

雨予報だったが、ぎり、予報も曇りに変わったしとりあえず降ってないし、路面も乾いている。うまく行けば降られずにすむかも。

30分でなるしま立川店に到着。

■なるしま立川店に集合

20180519_054105_iphone_7_img_0560

ご挨拶と諸注意があったあと、班ごとに順次スタートしていく。Aコースは神宮店の小畑さんをリーダーに7人。私以外は、全員、なるしま実業団ジャージだ。Aコースが走りはじめたのが、ほぼ予定どおりの6時1分。

■最初に諸注意

20180522_094954__

一番奥のはしっこにいるオレンジのヘアバンドと靴下が私。なるしまジャージなのでいつもとまるでイメージが違う……

続きを読む "なるしま蓼科ロングラン2018――往路"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧