自転車-マシン・用品

2020年11月 7日 (土)

米国アマゾンからの買い物

10月頭の「米国アマゾンからの買い物でトラブル」という記事に書いた買い物はコレ。

■Halo II Bright Orange

20201010_104341_dscwx350_dsc00408halo-ii

これ、一時期は日本でも売られていたんだけど、いまは、基本的に取り扱いがないのよね。輸入元の人に尋ねたところ、オレンジは色があせやすいので取り扱いをやめたとのこと。たしかに、たとえば黒とかなら1シーズン余裕でもつけど、オレンジは色があせて1シーズンに2~3枚は使うことになる。

それでもやっぱりオレンジにしたい。というわけで、米国アマゾンから買っている次第。

正規ルート以外ではBright Orangeも入ってきていて、日本のアマゾンとか楽天とか、あちこちで売られてはいる。でも、ふつうの色が2600円くらいなのに対して3500~4000円。もちが悪い上に高いという二重苦である。これが、米国アマゾンから買うと、配送料も含めて3枚6000円弱。通関でトラブったのは余計だったけど、このほうが圧倒的に安いのだ。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

【悲報】フロントライトのステーが……

折れた。2週間前だったかな、みずがき湖からクリスタルラインに回り、瑞牆山荘から信州峠のほうへ下ってくる途中、突然、光り輝くものが目の前でくるくるっと回り始め……なにがおきたのかと思ったら、ステーが折れ、フロントライトが空中を舞っていた。

■折れたステーの自転車側

20201002_132850_dscwx350_dsc00391

■折れたステーのライト側

20201009_124636_dscwx350_dsc00403

■幸い、傷がついただけで機器そのものは無事

20201009_124712_dscwx350_dsc00404

モノは、カメラ一体型のCycliq Fly12。2年ほど前に脇道から飛び出してきた軽トラにはねられたこともあり、ドライブレコーダー的に録画ができるほうがいいだろうと、今年の夏に導入したばかりなのに。導入は7月末だから、2カ月しかもたなかったことになる。

Cycliq Fly12は、ライトと動画の録画、両方で5時間近く持つ。逆に言えば、それだけのバッテリーを搭載していて、重いのだ。だから、なんだろうな。幸い、ガラスが割れたりはしなかったので、ステーだけ買えば使えるのは使える。でも、どうしよう。ステーだけ買って、2カ月くらいで交換していく???

そんなことを考えながら調べてみたら、ステー1個が約2000円。しかも、欠品で買えない。うーむ(--;)

ともかく、欠品ってことは悩んでもしかたない。とりあえず、Fly12の前に使っていたCateye VOLT400に戻すことにした。

続きを読む "【悲報】フロントライトのステーが……"

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

ローラー時の汗対策

Zwiftなどで長時間ローラーをしていると靴までびしょびしょになるという話を、最近、よく聞く。体質的に汗かきなのもあって、昔はそうなっていた気もするのだけれど、最近は、靴が濡れるようなことはない。マット上には、相変わらず、汗だまりができているのだけれど。

というわけで、汗止め対策をざっとまとめてみたい。

■体を冷やす対策

まず扇風機。風量が多い工業用を使っている(↓の旧型)。ローラーは汗だくになるもので、冬でもお世話になっている。

冷却効率としては背中から当てるのがいいという話もあるが、置き場所の問題もあって、私は、前方下から斜め上に向けている。角度は、首から下が中心になるくらいというか、口にあまり当たらないくらいというか。理由は、よく動かす胴体から足にかけてを冷やしたいから。口に正面から強い風が当たりつづけ、口のなかが乾いてつらくなるのを避けたいというのもある。

次がエアコン。最近のように暑くなってくれば、やはり、エアコンで室温も湿度も下げるのが吉だ。

ウォーミングアップ時は温度高めで、あとは、強度が上がるほど設定温度を下げていく。2時間、3時間もレース強度で走るときは、じっとしていたら寒いくらいの気温になっていることが多い。

服(後述)も速乾性が高い自転車用を着ている。速乾性が高ければ奪われる気化熱も多く、涼しいし、乾いた分、したたり落ちる汗の量も減るし、なので。

続きを読む "ローラー時の汗対策"

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

トロンバイクの色調整が残念な件

エベレストチャレンジで5万メートル上るともらえるZwiftコンセプトバイク、通称トロンバイク。これ、スライダーで色が変えられる。だから、みんな、好みの色に調整している(んだと思う。いろんな色が走ってる)。

私は、もちろん、オレンジなんだが……これがちょっと、なんだかなぁである。

■スライダーで色が調整できる

20200512_155858__img_0164

一番上がオレンジらしい。Zwiftのイメージカラーがオレンジらしいので、そのせいかな。

続きを読む "トロンバイクの色調整が残念な件"

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

Zwiftのモニターを大型化

自転車のローラー環境」で27インチだったモニターを43インチに交換した。HDMI入力が3本あるアイリスオーヤマのテレビ。IPSで安いものを選んだ結果である。

■大きくなったモニター

20200504_104406_dscwx350_dsc00296

各辺が1.5倍強になったわけだが、これだけで没入感がまるで違う。視野のほぼ全部にZwift画面が広がるからだろう。アップダウンのワインディングなんか、気持ち悪いこと気持ち悪いこと(^^;) 目から入る情報だとほんとに走っているように感じるのに、体側は固定ローラーで前後左右に動くことがなく、そのズレが気持ち悪さの原因なのだが、画面が大きいと影響も大きいわけだ。

大きくしてよかった~。

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

RL9退院

先日入院したRL9、無事、退院してきた。シマノがクレーム対応してくれたとのことで、左側STIレバーのみ新品に変わったそうだ。

実は、火曜日のスプリント練習は、退院してきたRL9でやっている。快調。アウター・インナーの切り替えが一発で決まる。

そんなん当たり前、なんだろうけど、ね。インナーに落ちたり落ちなかったりって最初からの症状だったんで(だからクレーム対応になったのかも)、なにか条件によって落ちたり落ちなかったりするんだろうってずっと思っていたのだ(^^;)

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

自転車のローラー環境

コロナによる外出自粛でローラー台中心にしているのと、先日来、家庭内でいろいろ相談していたのとの相乗効果で、ローラーに乗る環境を整えることになった。

いままでは、いちいち、ローラー台に自転車をセットするところからだったのだが、自転車はセットしっぱなしを基本にする。ローラー中になにか見たりするのもやりやすくする。

■自転車&ローラー

私は、RL9/クロモリWashoeをスマートローラーのTacx Neoにセット
嫁さん・息子は、嫁さんのロードバイクをグロータックGT-Rollerにセット

●全体像

20200417_155709_dscwx350_dsc00263

続きを読む "自転車のローラー環境"

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

RL9入院

フロントをインナーに落とすとき、なんかいまいちな感じがしていたのだけれど、月曜日にふと気づくと、インナーに落とせなくなっていた。火曜日には、数回に1回、落ちるけど、逆に言えば、そのくらいしか落ちない。これはおかしいとお店にもっていくと、たぶん、Di2のスイッチ部分がダメになっているのでしょう、とのこと。

左STIのスイッチ部分(内部機構)だけそっくり交換する話になり、RL9はお店に預けてきた。

Washoeが本格稼働したところでよかったわ~。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

「Do HENTAI」シール

そういえば、昨日、最後のコンビニ休憩でこんな会話があった。

「あれ? そのヘルメット、『変態』って書かれてません?」
「いえいえ、そんなことありません。『Do HENTAI』です(きっぱり)」

The PEAKS Round 5@蓼科で貼った「Do HENTAI」シールをそのままにしてあるのだ。

この手のシールが登場したのは、変態割やド変態割などが設定されるようになったRound 4@奥多摩から。ロードバイク乗りって一般人からすると変態としか言いようがない人ばかりで、そのなかにあって、ノーマルでも十分に変態だと言われるThe PEAKS。そのPEAKSが変態だド変態だと言う鬼設定にエントリーすると、このシールが配られる。これを、ヘルメットに貼って走るのだ。(自転車乗りのあいだで「変態」は尊称です、はい^^;)

このシール、たぶん毎回そうなんだけど、「変態/ド変態」という漢字バージョンと、「HENTAI/Do HENTAI」というローマ字バージョンの両方がセットで配られる。好きな方、あるいは両方貼ってくれというわけだ。

Round 4@奥多摩では漢字バージョンを貼って走った。

■「ド変態」シール

20170904_134055_canon_ixy_650_img_0

走り終わって帰宅したら、家族にバカウケした。でも、The PEAKS終了後、これを貼って走るのはさすがにちょっとと剥がしてしまった。そしたら、嫁さんに「え、剥がしたの? 貼ったままにしておけばよかったのに」と言われてしまった。

そんなことがあったので、Round 5@蓼科では、The PEAKS終了後も貼りっぱなしにすることを念頭に、なんと書いてあるのか瞬間的に読みにくいローマ字バージョンを選んだ。漢字だと目に入っただけでナチュラルに読めちゃうのよね。その点、ローマ字だと、読む気で読まないと読めないことが多い。気づけばなにそれと思うはずだけど、たいがいの人は気づかない。そのくらいがちょうどの露出度だと思うのだ。

■「Do HENTAI」シール

20200211_84608536_2813043338817364_67892

実際、Round 5@蓼科終了から半年近くたつが、一緒に走った人のなかで、このシールを読んでなにそれと尋ねてきたのは、今回の人が初めて。狙い的中って感じだ。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

ペダリングモニターが販売終了

パイオニアがシマノにペダリングモニター事業を売却するらしい。

サイクルスポーツ製品をご愛用の皆様へ ~製品販売終了のお知らせ~

まじか。続くのかなぁと心配はしていたのはいたんだけれど、それにしても。

ペダリングモニター、しばらく買えなくなるのか、それとも、ペダリングモニターの機能を搭載した製品がすぐシマノから出るのか、どっちなのだろう。事業資産の譲渡とか、シクロスフィアもシマノに移行するとか書かれているので、あの機能がなくなることはなく、統合されるってことなんだとは思うけど。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧