自転車-ライド

2019年5月 5日 (日)

南八ヶ岳周回(時計回り)――惨敗

今日は5時間走ってこいというメニューだったので、いそいそと(^^;)南八ヶ岳周回へ。今年初の麦草峠だぁ。

■本日の補給食

20190505_060408_iphone-7_img_1256

「高原の牛乳パン」というのは、このあたりのソウルフードらしい。そう聞いてから、見かけると、つい、買ってしまう。いや、牛乳たっぷり使ったパンに白いクリームなんで、個人的につぼなものだったりもするんだけど。

こちらは出発前に食べるのに対し、下のスコーンは途中で食べる用。3種類を1個ずつ持って行く。パン屋のけろっくさんに寄るのが一番いいのだけれど、GW中は人出を避けるコースにしたいので。コースも、エコーラインに降りず、八ヶ岳の麓を張り付くように回って299号に出ることにしている。

出発時の外気温は5℃で日中は20℃まで上がる予報。どういう格好をしていくか悩ましい。結局、厚手アンダーに夏用上下、アームウォーマー、レッグウォーマー、長袖ウインドブレーカーにした。結果として、正解だったと思う。

■先日の雪で真っ白な八ヶ岳

20190505_070516_iphone-7_img_1259_1

とってもきれい。こういうときは、せめてコンデジを持ってきていればと思う。iPhoneだと広角になっちゃうから。でも、特に今日は、補給食などでポケットぱんぱんになるんで、とても無理。

続きを読む "南八ヶ岳周回(時計回り)――惨敗"

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

みずがき湖リベンジ

今日は暖かい。というわけで、昨日、当初予定していたみずがき湖を回り、増富温泉からクリスタルラインを上って戻るコースへ。

■花があちこちに咲いている

20190428_150003_iphone-7_img_1217

■みずがき湖ビジターセンターにはサイクルラックがあった

20190428_151818_iphone-7_img_1218

続きを読む "みずがき湖リベンジ"

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

子の権現

今日は、自転車屋さんのチームで子の権現へ。ほぼ4カ月ぶりの実走だ。

朝、集合場所であるお店につくと……「え、来たんですか?」とみんなびっくり。そら、まあ、年の瀬押し迫った忘年会には装具をつけて行ったし、まだ外には出られていないって話もしていたし。でも、たぶん、体的にはそのくらい走っても大丈夫。いや、強度あんまり上げられるとついて行けなくなりそうだけど、でも、子の権現には最近参加しはじめた女性も来るって話だったので、坂以外の部分が高強度になる心配はない。坂がついて行けなければ、自分のペースでゆっくりあがればいいんだし。それでも、ひとりちぎれるというほどのことにはならないだろうし。

半分様子をみながらみんなについていく。クリート付け外しのくり返しも問題なくできるし(なるべく左足を伸ばして外すようにはした)、2時間くらい走っても、どこかしんどくなることもないようだ。

最初の峠は、割と速いふたりが先行するのを見送り、後続グループでゆっくり上る。

ふたつめ、天目指峠は行けるところまで行ってみようと、頭のほうで走る。と、三代目(お店のご主人の息子さん)に抜かれた。うーん、すんげーがっちり体形の三代目に置いていかれるとは……。だが、少し離れたあと、差が広がらない。これなら追いつけるんじゃね?と、ダンシングで追う(足も体幹も筋肉が落ちていて、シッティングできっちり踏み続けられない。ダンシングで体重使うほうがなんとかなる)。じりっ、じりっと詰め、追いついたところで対向車が来た。三代目と同時に「くるま~!」と後続に注意を促す。直後、三代目がびっくりしたようにふり返ると、「井口さん、どうしてここにいるんですか!?」と悲鳴のような声。そのあとは、三代目と抜きつ抜かれつデッドヒート状態でしばらく走る。そろそろ峠が見えてくれと思いつつカーブを曲がるのだが、たんび裏切られる。残りがどのくらいあるのかわからず上るのはきつい。しばらくすると、三代目は力尽きたらくし、落ちていった。そのあと、もういくつかカーブを曲がったら、ようやく峠に到着。

■天目指峠

20190106_102331_iphone_7_img_1048

けっこう、限界近くで走ったと思うんだけど、記録を見たら、17分NP 220W。やっぱ、10~15%は落ちてるなぁ。

続きを読む "子の権現"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

久々に南八ヶ岳周回

久しぶりで南八ヶ岳周回。せっかくだからどっかのパン屋さんに寄りたいと思い、回る向きを悩んでしまった。時計回りのほうが好きだし、時計回りなら暑くなってきたころ麦草峠になるのでいいんだけど、朝6時などに出ると、小淵沢から茅野あたりでもパン屋さんが開く前に通過してしまうのだ。

というわけで、逆回りをするつもりでいたのだが、結局、スタートが6時45分と遅くなったので時計回りで回ることに。これなら、茅野のパン屋さん、けろっくの9時開店が間に合いそうだ。エコーラインのベルクさんは開店が間に合わないはずだけど。

■最高地点

20180812_070914_canon_ixy_650_img_0

最高地点の踏み切りをわたり旧道で清里へ。

■野辺山~清里の旧道

20180812_070952_iphone_7_img_0731

国道141号線に出てすぐ、鉢巻道路に向けて上る。

続きを読む "久々に南八ヶ岳周回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

ぶどう峠

今日のメニューはエンデュランス~SSTで3時間。そのくらいの時間があれば地図で見たぶどう峠まで行けそうな気がするので試してみた。

南牧村から南相木村へはトンネルが普通なのだが、地図を見ると迂回路がありそうなのでそちらに行ってみた。

■道は狭くて荒れてる

20180506_153446_canon_ixy_650_img_0

■崖崩れのあとも……

20180506_153823_canon_ixy_650_img_0

ロードバイクで来る道じゃなかったなぁ(^^;) 落ち葉とか小枝とか山のように落ちてるのに斜度は15%とかあるし。小枝の隙間をタイヤが通るようにしないと滑ったり。だから、がんがん踏むわけにもいかず。

■大芝峠というらしい

20180506_154829_canon_ixy_650_img_0

続きを読む "ぶどう峠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

三国峠へ

今日は、川上村を東西に伸びる県道68号線を走ってみた。川沿いのほぼ平坦な道がずっと続いている。強度練習じゃなくて、地足作りのときにはここを往復するといいかも。休みなしにず~っと走ってられるわ。

そろそろ民家が終わりそうな感じになったあたりで、なんか変なネコがひょこひょこ道を渡っていく。よく見たらキツネだった。

■民家のすぐ脇でキツネに遭遇

20180429_152227_canon_ixy_650_img_0

キツネ、何回か見てるけど、こんな昼間にこんな近くでこんなゆっくりしていたのは初めて。なにせ、自転車止めてカメラ出して間に合っちゃったくらいなんだから。

■68号線の先は行き止まり

20180429_163445_canon_ixy_650_img_0

千曲川源流側は当然に行き止まりだし、三国峠も峠から先は通行止めとのこと。崖崩れかなにかあったらしい。復旧時期が書いてないということは、その目処はたっていないのだろうな。

■三国峠(道は通行止めになっている)

20180429_160557_canon_ixy_650_img_0

続きを読む "三国峠へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

信州峠~増富温泉

仕事がやばくなっているのもあり、桃と桜のサイクリングの後から山ごもりに入った。山ごもりすると仕事もトレーニングも格段に進むので。

仕事も、東京でやるのに比べて1.5倍から2倍近く進む。逆に、東京にいるとなんであんなに進まないんだと思うくらい。いや、まあ、いろいろあるわけなんだけど。

ともかく。

今日はツール・ド・八ヶ岳のある日で、山ごもり中なら近いんだし出ようかどうしようかとずいぶん迷ったが、朝一の仕事が進む時間帯はやっぱり仕事をしたほうがいいだろうと(そのくらい切羽詰まってる^^;)エントリーを見送った。今日の午前中は雨で、エントリーしていてもDNSだったかなと思うので、結果論としては正解だったかも。

ツール・ド・八ヶ岳には、自転車屋さんのチームとか知り合いが何人も出ている。昨日は、午後、走りに出たとき、ちょっとだけ国道141号を走っているタイミングで自転車屋さんのチームの仲間に遭遇。いや、驚きのタイミングである。

今日も午後は天気が回復したので、信州峠から増富温泉を回ってみることに。トレーニングメニューは3時間半ケイデンス高めのエンデュランス走なので。

■信州峠を越え、瑞牆山に向かう途中の恩賜林

20180415_160902_canon_ixy_650_img_0

このあたりは、いつ走っても気持ちがいい。

■シラカバ林

20180415_161558_canon_ixy_650_img_0

いろんな林が出てくるし、車は通らないし。ガードレールが木製なのも、林の景観を崩さなくていいと思う。手入れ、大変だと思うけど。

続きを読む "信州峠~増富温泉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

久しぶりの梅の木でダンシング縛り

今日はショップの仲間、Kとーさんと梅の木。Kとーさんと行くけど一緒にどうですかと声をかけてきたKーすけくんは起きられなかったらしい。

私も、起きられたら行くって答えてたし、起きられたっちゃ起きられたんだけど、微妙に遅くて、集合場所まで230~250Wを目安にぶっ飛ばしていく。と、集合場所直前でKとーさんに遭遇。集合場所から梅の木まではKとーさん前で100~150W中心でのんびりと。

久しぶりの梅の木。2年ぶりかなぁ。

後半劇坂だからと、最近の平地用ホイール(重めのディープカーボン+12-28T)じゃなくて万能型(軽量ディープカーボン+11-30T)に履き替えていったというのに、ディレイラーの設定を変え忘れ、30Tに入れるとカリカリ音がする。スプロケットと変速用の小ホイールが触れている音だろう。仕方なく、最後の1枚は使わず27Tまでで上っていく。といっても、今年は、ニセコ・おきなわ対策でフロントを52/36Tにしている。しかも、インナーは36T±2のバロックギア。つまり、踏む瞬間のギアは38T。もう、ね、とてもじゃないけど踏めない。結局、つるつる温泉すぎて傾いてから先はず~っと立ったまんま。15分くらいかな。一番の劇坂部分は、立った状態で腕で引きながら踏み込まないとペダルが回らない。いや、マジで足付くかと思ったわ。2年前だったら、こんなダンシング縛りでずっとなんて走れなかったから、そういう意味では少しまともになったと言えるのかもしれない。

続きを読む "久しぶりの梅の木でダンシング縛り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

初ゼブラカフェ

今日は5時間エンデュランス・ライドがメニューなので、早朝から出ようと思っていたのだけれど、気づけば、こばっかいの成人式。スーツ姿の写真くらい撮ってやらないと。

というわけで、10時半すぎという遅いスタート。尾根幹から道志方面に進み、2.5時間で行けるところまで道志道を進んで戻る、お昼はゼブラで、ということに。

ゼブラカフェは自転車かいわいで話題になってるところで、一度寄ってみたいと思っていた。今回は、お昼を挟む時間帯に走るのでちょうどいい。行きにゼブラで補給して、道志道の上りに備えよう……と思っていたのだけれど、気づいたら通り過ぎていた(^^;) 仕方がないので、念のためバックポケットに入れてきたミニ羊羹1本をかじって走りつづける。

気温は5℃前後。薄い長袖アンダーに冬用ジャージ上下、薄手のシューズカバーでちょうど、かな。強度が落ちると寒いけど、高強度で走っていればちょうどという感じ。

■道志道あたりの山はすっかり冬枯れ

20170107_132416_iphone_7_img_0078

続きを読む "初ゼブラカフェ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

日本酒購入ツアー

大月の酒屋さんで日本酒を買ってくるのだけれど一緒に行かないかと誘っていただいたので行ってきた。予定では4人で行くはずだったのだけれど、前日、私をのぞく3人+αで飲み、ふたりが討ち死に。結局、ふたりで行くことに。

7時すぎに出発し、すなおに20号で上野原へ。けっこう寒くて峠は2℃とか3℃しかないし、路肩を中心に白く凍っていたりもした。上野原から大月は裏道となる県道30号。車の通りも少ないし風景もいいしでなかなかにいい道だった。暖かくなったら秋川から回り込んで、また、行ってみようかな。

■天気がよく、富士山がきれいに見えた

20161230_102003_iphone_7_img_0071

同行S氏が先日購入したGOKISOのホイールで来ていたので、最後のほうはホイールを交換して試乗させてもらう。よく言われることだけれど、とにかく回転がスムースだ。前38mm、後ろ50mmと高めハイトなのもあり、ホイール前後合計で2000gを超えているわけで、やはり重いと感じるが、いやな重さではなく、安定感になっている気がする。重さがデメリットにならないならいいホイールだと思う。ヒルクライムか山岳系ロングライドが中心だしツール・ド・おきなわも上れないと話にならないわけで、私の場合、このホイールを活用できるケースはなさそうだけれど。

私はXentis SQUAD 4.2 SilverLineという前後合計で1300gくらいの軽量カーボンクリンチャー。こちらに履き替えた同行S氏は、とにかく軽い、ダンシングが軽快で気持ちいいと吹っ飛んでいった。

■ホイールを交換して走り、お店に到着

20161230_112253_iphone_7_img_0075

続きを読む "日本酒購入ツアー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧