八ヶ岳-お店

2016年10月15日 (土)

清里ロックの現状

カウンティフェア後、ソーセージなどを買いにロックに立ち寄った。

■現状

20161015_150326_canon_ixy_610f_img_

全焼した建物の取り壊しが終わり、建設工事が始まっていた。いままでは、たぶん、木造だったんだと思うけど、そっか、今度は鉄骨になるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

Patagonia川上村店の謎が解ける

いや、謎ってほど大げさなものでもないんだが。

先日、野辺山~馬越峠~南相木ダム~野辺山と走ったとき、川上村にあるでっかいスーパー、NANA'Sの脇にPatagoniaが店を出しているのを見つけて、なんでこんなところにと思っていたのだが……

■Patagonia川上村店

20160814_060842_canon_ixy_610f_img_

今日、朝と夕方、2回走りに出て、夕方は馬越峠を回ったので、お店が開いている時間に通ることになった。というわけで、ちょっと立ち寄って話を聞いてみた。

そしたらなんと、このあたりはフリークライミングのメッカなのだそうで。であれば、Patagoniaが出店するのもわからないではない。まあ、普通、出発前に機材はそろえるわけで、現地調達のニーズが多いとは思わないけれど。でも、ゲレンデに来てからなにか忘れた、なにか壊れたみたいなときには助かるんだろうな。

川上村のナナーズ、もう5~6年足を運んでなかったから、いつからだろうと思ったら、開店は去年とのこと。去年は通年営業したが、今年は秋口10月末までらしい。まあ、冬は人があんまり来ないはずで、さすがに開店休業みたいになっちゃうんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

長坂インターそばのパン屋、フェアリーさんにサイクルラック登場

ここのクリームパンは、クリームがあまりにたっぷり入っていて、下手にかぶりつくと顔中クリームだらけになると有名。なんか、テレビで紹介されたとき、レポーターさんがやらかしたとかなんとか。

そのフェアリーさんに立ち寄ったら、サイクルラックが設置されていた。

■駐車場のはしにサイクルラックが設置されていた

20160819_150952_canon_ixy_610f_img_

一押しはやっぱりクリームパンだけど、ほかのパンもおいしいと思う。自転車で立ち寄ることを前提に考えると、コーヒーなどの飲み物を一緒に買えないのがちょっと残念かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

全焼したロックの現状

買い物ツアーで清里を通ったのでロックの現状を確認してきた。

■ロックの正面玄関

20160812_141428_canon_ixy_610f_img_

入り口はそれほどでもないが、その両側の屋根を見ると中身は全部焼けたであろうことがよくわかる。

スーパーマンのTシャツで打ち合わせをしているのは、ロックのオーナーで萌木の村村長の舩木上次氏。

一応、柵がしてあったが、入り口っぽく開いているところもあったので、なかに入ってごあいさつをしてきた。たいへんだと思うけどがんばってください、再開したらまた来ます、楽しみにしていますから、としか言えないんだけど。入り口の垂れ幕に「今まで以上のROCKにします」と書かれているし、舩木氏も、「チャンスをもらったと思ってます」と明るい顔をされていた。心中は察してあまりあると思うけど。

「チャンスをもらったと思ってます」の言葉に甘えて、「再建時には、ぜひ、ビール醸造の能力をあげ、アルトの通年化を。冬はここのアルトしか飲まないくらい好きなのに、夏に飲めないのがとても残念。買いますから」とお願いしてきた。舩木氏には、「ありがとう。話はしておきます。通るかどうかはわからないけど」と言っていただいた。

続きを読む "全焼したロックの現状"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

清里ロック全焼……(T_T)

今朝、早朝に出火し、全焼してしまったらしい。

いま、萌木の村ウェブサイトにあるロックのページはトップが(↓)のように火事のお知らせとなっている。

■ロックのトップページ

Photo_2

一日も早い復旧をお祈りします。

ロックのオーナー、舩木さんは、一時期原宿化していた清里をいまのように戻した功労者でもある。いまの清里を支える柱と言ってもいいだろう。その舩木さんの原点となっているのがロックなのだと思う。お世話係が学生時代に清里を訪れたのは、ロックができて間もないころ。そのころから連綿と続いてきたお店なのだ。

復興募金の呼びかけも始まっている。あちこちに募金箱も設置されているらしい。ロックにまた行きたいと思う方は、ぜひとも募金に協力をm(._.)m

■復興募金の呼びかけ

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

茅野の彫り屋さん

去年の清里カンティフェアで表札を頼むことになった茅野の彫り屋さんに行ってきた。鹿角を大学に貸し出したりしていたもので、すっかり遅くなってしまった。

■彫り屋さん

20130810_img_0587

続きを読む "茅野の彫り屋さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

「寒いほどお得フェア」、NHKに登場

清里エリアで始まった「寒いほどお得フェア」、今朝のNHKで報道されていました。朝10時の気温でその日の割引率が決まる仕組みで、今年は寒いから割引率は高い日が多いでしょうね。

参加しているお店にとっては、利益率がぐっと小さくなるので大変な面もあると思いますが(-5゚C以下なら50%も割引なので)。でも、冬のあのエリアは本当に人が少ないので、これで観光客が増えればってことなのでしょう。

それにしても……ぱっぱっと映る映像、ほとんどがどこなのかわかってしまう……わからなかったのはパン屋さんくらいかな。今年は小淵沢エリアまで拡大したという話なので、そちらのほうなのでしょう。乗馬の映像は小淵沢だろうし(そっか、乗馬の映像もどの牧場かわからなかったか)。

続きを読む "「寒いほどお得フェア」、NHKに登場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

人形の美術館と切り絵の美術館

先日、オフ会であった人に勧められた美術館。忘れないようにメモっと。

世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館

白樺湖のほとり、池の平ホテルに併設されているもの。八ヶ岳周辺を走ったとき、すぐ近くを何度も通ってるなぁ。今度寄ってみよう。

続きを読む "人形の美術館と切り絵の美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

萌木の村でリースを購入

清里萌木の村でリースを買ってきた。買ったのはエフスリーというお店。

20090924_rimg0096

もちろん、お世話係の趣味である。私もきらいじゃないけど、わざわざお店に行って買ってこようとまでは思わない。

お世話係はけっこう好きで、子どもたちの手があまりかからなくなったころから、ときどきドライフラワーのお店をのぞいていたりする。このエフスリーは渋い作りのリースが多く、好みなのだそうだ。今回、買ってきたのも、赤など目を引く色がなく、地味っちゃ地味な作りである。シッポみたいでなかなかによい感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

こばっかいの誕生日食事会

今日は、こばっかいの誕生日を祝う夕食会。我が家は誕生日にプレゼントはなく、誕生日を迎える人が希望した場所で夕食会をすることになっている。

今回はこばっかいの希望により、清里のロックで夕食+アン・グーテさんのケーキということになった。

まずは24日にアン・グーテさんに立ち寄り、ケーキを予約。お気に入りのエクレール・ショコラとエクレール・カフェを何個も……かと思ったら、前に厨房を見せてもらったときに見かけたケーキがいいとのこと。こんな風であんな風でとフロアのおねえさんにお話しすると、「たぶん、xxでしょう」とのことで、なんとか話が通じたらしい。

ロックは夕方5時か5時半には入るつもりなので、たぶん、大丈夫だろうと思いつつ、いつもビールやソーセージの売り場にいる人(若旦那らしい)に混み具合などを聞いていたら…「一応、席、用意しておきましょう。時間がずれても大丈夫ですから」。

そのあと「デザートはどうします? 誕生日だとハッピーバースデーをかけてお祝いするなんてこともしてますけど、やります?」と聞かれたので、「アン・グーテさんのケーキが希望で予約してあるので……」とお断りしたら、「そのケーキ、食事の最後にお出ししましょうか?」「いや、それはご迷惑でしょう」「かまいませんよ」「じゃあ、お言葉に甘えて……m(._.)m」

というわけで、フクロウウォッチング後、夕方にアン・グーテさんでケーキをピックアップし、ロックへ移動。いつもは全員のバランスを考えて頼むが、今日ばかりは「君が好きなものを頼んでいいよ」。ソーセージの盛り合わせにガーリック・ソーセージ、スペアリブ、ローストビーフって、なんか肉々しい頼み方となった。そのほか、親のほうで野菜モノなどを多少、追加。最後のほう、子どもたちがケーキのお腹を残すと食いが落ちたこともあり、1皿、多すぎた感じ。

食事のお皿を全部下げてもらい、親のお茶が届いたあと、ケーキの登場。ハッピーバースデーの曲がかかり、ローソクのたったケーキをおにいさんが届けてくれた。こばっかいがローソクを吹き消すと、ほぼ満席のお客さんから拍手。

20081229_pc282386

こばっかいにとって幸せな夜になったようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)