« 蛇石峠~婆娑羅峠 | トップページ | 地域限定ビール »

2020年2月25日 (火)

伊豆・静岡の地ビール

伊豆に来るとき、わりとたくさんビールを持ってきてしまっていたのと、地ビール売ってるところを探して歩く時間がないのとで(自転車と仕事で忙しい)、こちらの地ビールには手を出していなかった。ところが、先日、食べ物を買いに行った地元スーパーに地ビールがそれなりに並んでいることを発見。これは試せということだろうと、全種類-明らかに守備範囲外のものを買ってきた。

■伊豆の地ビール

20200219_164304_dscwx350_dsc00250

左からアンバー、ゴールド、ブラックの3種類。

アンバーは……印象薄いなぁ。飲んで何時間かでどんな味だったか思い出せなくなってしまった。ということは、たぶん、あんまり特徴のない普通の味、いわゆる「飲みやすい」やつだったんだろう。個人的にリピートありえないパターンね。

ゴールドは悪くない。コクがそこそこあって。軽めがいいときにはこれもいいな。

ブラックはスタウトだってことなんだけど……味らしい味を感じない。飲みやすいをとことん追求したスタウトなのか? そら、スタウトらしさをそぎ落とせば飲みやすくはなると思うけど?

基本的に、ブリュワリーの方向性が私に合ってないんだろうな。

■ベアード・ビール

20200219_164326_dscwx350_dsc00251

同じく左から、黒船ポーター、ライジングサンペールエール、修善寺ヘリテッジヘレス、帝国IPAの4種。

ベアード・ビールのヘレス、期待してたんだけど、意外に普通だった。ヘレスってわりと好きなはずなんだけど。ペールエールは、ま、こんなもんかって感じ。この2種類はリピートないな。

ポーターはあれっと思うほどおとなしいけど、まあ、悪くない。また買ってもいいかも。

意外に強烈だったのが帝国IPA。IPAらしいっちゃIPAらしいんだけど、ホップの効きが強烈。IPA好きにはたまらないかも。私は、IPA自体、あんまり好みじゃないので、まあまあって感想になっちゃうけど。でも、これも、また買ってもいいかなとは思った。

■伊豆の国ビール(スタウト)とFuji Beer

20200219_164349_dscwx350_dsc00252fuji-be

Fuji Beerの有機農法ってやつ、これが意外なほどよかった。製法がわかるような記述がなく、ってことはごくふつうのビールに近いのだろう、だったらやめておこうかと思ったのだが、これは買ってきて正解だった。甘みのある複雑な味わい。見た目はごく普通なんだけどね。今回試したなかでは一番かもしれない。

伊豆の国ビールのスタウトは、ふつうにスタウトらしいスタウトだった。もっととがっていてもいいとか、私は思っちゃいますけど、ま、せめてこのくらいでなきゃ。これも、機会があったらリピートしていいかも。

|

« 蛇石峠~婆娑羅峠 | トップページ | 地域限定ビール »

雑記-お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛇石峠~婆娑羅峠 | トップページ | 地域限定ビール »