« Pioneer CA600、最新ファームではTSSが過大に出る? | トップページ | 体内年齢 »

2019年12月 4日 (水)

オーバーホールという名前のフレーム交換

シーズンが終わったので、RL9をオーバーホールしてもらった。同時に、フレームは新品に交換。

実は、しばらく前、ダウンチューブにひび割れがみつかったのだ。

■ひび割れ箇所(黒いブッシュのすぐ下)

20191105_151728_iphone-7_img_2562

アンカーに問い合わせてもらうと、ここはカーボンとアルミが接合されているため、柔らかめのRL9などでは塗装にヒビが入りやすいのだそうだ。安全性に問題はないが、購入から1年未満だし、クレーム処理ということで新しいフレームを用意してくれることになった。

というわけで、しばらく前に新しいフレームが届いていたが、私は山ごもりしていたし、戻ってすぐツール・ド・おきなわだったしで、ようやく、交換することになったもの。

いろいろ尋ねてみたら、これは、自転車屋さんが組み上げた「完成品」のクレーム処理だから、フレームはアンカーさんの負担、組み替えの費用は自転車屋さんの負担になるのだそうだ。小さなお店にはけっこうな負担だろう。だから、オーバーホールのついでにフレームを交換してもらうことにした。いずれにしてもオーバーホールは必要だし、私としては、必要なオーバーホールをしたらなぜかフレームが新品に戻るというメリットがあるしなので、それでいいかと。

■お店に届いた新しいフレーム

20191201_161919_iphone-7_img_2632

■オーバーホールできれいになったフレーム

20191203_142831_dscwx350_dsc00185

乗った感じは……特に違いを感じない。おんなじフレームなんだし、1年やそこらでそうそうへたらないから当たり前か(^^;)

|

« Pioneer CA600、最新ファームではTSSが過大に出る? | トップページ | 体内年齢 »

自転車-マシン・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Pioneer CA600、最新ファームではTSSが過大に出る? | トップページ | 体内年齢 »