« 南アルプスロングライド-2日目 | トップページ | PCG Japanの南部博昭さんと軽めのライド+愛三の選手を必死で追う »

2017年11月21日 (火)

UCI認可ホイールについて

UCIやUCI準拠のレースでは、UCIに認可されたホイールしか使えない。じゃ、どういうホイールが認可されているのかというと、(↓)の文書に記載されているものになる。

■UCIのホイール基準(pdf)

ごく簡単に言うと……ここでは、まず、ホイールを大きくふたつに分けている。

  • traditional wheels……認証手続きなしで使える
  • non-traditional wheels……製品ごとに一定の手続きを踏んで認証を受けなければならない。つまり、ユーザーとしては、メーカーが認証手続きを取ってくれた完組ホイールしか使えない。認証ずみホイールは上記pdfにリストアップされている。

traditional wheelsとは、以下の条件を満たすものを言う。

  • リムハイトが25mm未満
  • リムの材質はアルミ
  • スポークはスチール製20本以上(取り外し可能であること)
  • 部品はすべて市販品でどこのどの製品なのかが判明していること

上記条件を満たしていれば、手組も可ということになる。

|

« 南アルプスロングライド-2日目 | トップページ | PCG Japanの南部博昭さんと軽めのライド+愛三の選手を必死で追う »

自転車-マシン・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111098/66069699

この記事へのトラックバック一覧です: UCI認可ホイールについて:

« 南アルプスロングライド-2日目 | トップページ | PCG Japanの南部博昭さんと軽めのライド+愛三の選手を必死で追う »