« もうすぐスーパーグランフォンド軽井沢2016 | トップページ | バロックギア導入の効果 »

2016年4月27日 (水)

バロックギア導入

この春に発売されたバロックギアというものを導入してみた。

■バロックギア(34T±3T、90度)

20160423_133000_canon_ixy_610f_img_

楕円ギアではなく非円形ギア、だそうだ。楕円ギアは変速性能が落ちるとか、パイオニアのペダリングモニターと一緒に使えないとか、制約が多いものがあるらしいが、これはインナーのみだからか変速性能に問題はないしペダリングモニターも使えるとのこと(後述のように、変速性能については若干の問題が発生した)。めちゃくちゃ高いわけではない(16800円)ので、それならばと試してみることにした。

90度というのは、ペダリングモニターで見えるトルクカーブにおいてトルク最大となる角度に合わせるとのこと。私は90度だったが、意外に100度とか120度とか、後ろ気味になる人も多いらしい。

「34T±3T、90度」というのは、クランクが90度(いわゆる3時)のとき37T、上下死点で31Tということである。34T真円ギアに比べると、90度ではペダルが重くなり、上下死点では軽くなる計算。ペダルが重くなるんじゃ踏み切れなくなるかもしれないが、ケイデンスが同じでパワーが同じなら全体としては同じことで、力が入る部分のペダルスピードが遅くなる分、効率が上がるのかもとも思うし。正直、よくわからないところがある。

■インナー外してバロックギア装着

20160423_134337_canon_ixy_610f_img_

■クランクを組み戻して完成

20160423_142047_canon_ixy_610f_img_

走ってみた感覚としては……クランク3時前後で柔らかいボールを踏むようなふわんとした感覚がある。あきらかに力がかかる部分と抜ける部分があるのだ。そのタイミングに合わせてリズムを取ると気持ちよく走れる。せっかくつけたんだからいいと思いたいってプラセボ効果もあるかもしれないけど。

逆に、ごく軽いギアを踏むとどこでどう力をいれたらいいのかわからず、タイミングが合わせづらい気がする。インナーで走るようなときは力を入れるときだと思うんで、それはそれ、かな。

|

« もうすぐスーパーグランフォンド軽井沢2016 | トップページ | バロックギア導入の効果 »

自転車-マシン・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バロックギア導入:

« もうすぐスーパーグランフォンド軽井沢2016 | トップページ | バロックギア導入の効果 »