« 本日の晩ご飯 | トップページ | へ? »

2015年10月 4日 (日)

東京ヒルクライムHINOHARAステージ2015参戦

距離が伸びた東京ヒルクライムHINOHARAステージに初参加。2年前に初めて参加したヒルクライムレースが東京ヒルクライムHINOHARAステージなのだが、当時は上川乗交差点から風張峠までで距離15.4km 標高差720m。今回は檜原村役場下から風張峠までの距離25㎞、標高差900m。

3時半起床で4時に車で出発し、現地着が5時ごろ。檜原村役場先のT字路を右に行った先にある駐車場に車を止める。この駐車場は私が入った直後には満杯になったようだ。

■今年から当日受付が可能になった

20151004_052347_canon_ixy_610f_img_

服装は袖無しアンダーに半袖ジャージ、短いレーパン、指切りグローブ。預け荷物に防寒着などを入れておいたが、今回は不要だった。

あまり時間がないので、まず、スタート地点まで行って下山用荷物を預けたあと、トイレの列に並ぶ。なんと、列で私のすぐ前は、先日練習会に参加させてもらった8823 Racingの小林くんだった。

スタートは第1ウエーブ。前のほうに並ぶ必要はないというか、前のほうになんか怖くて並べないので、並び始めた人を見ながら下り、ウォーミングアップに。戻ってきたのは競技説明が始まったあとだった。てきとーなところに隙間をみつけて並ぶ。後ろから1/4くらい、かな。

距離が伸びたあと試走もしていないし、だいたい、この何日か前に家のあれこれでほぼ完徹をしてしまったこともあり、今回は死なない程度にがんばる、が目標(--;) そうそう、ヒルクライム佐久で空気が漏れた前輪はパンクだったので、東京ヒルクライムHINOHARAステージには交換して臨んでいる。

6時半にスタート。檜原村役場先のT字路までは追い越し禁止のパレードランとのことなので、計測もそこからなんだろうとのんびり走っていたら、さすがに遅いということだろう、がんがん抜かれて第1ウエーブの最後尾まで落ちる。最後尾というか、集団からちぎれたような格好でぽつんと走っている(^^;) T字路曲がるところで詰まるから追いつくだろうと高をくくっていたのだが、その予想は正しく、T字路で集団最後尾に追いつく。さあ、本番とサイコンのラップスイッチを押し、踏み始めて気づいた。計測スタートライン、ないじゃん。なんだ、マスドスタートだったんだ。気づいてみれば東京ヒルクライムシリーズは、どれも、ウエーブごとのマスドスタート。そういう機材しか持っていないってことだろう。ということは、私なんかがタイムを狙うのなら、第2ウエーブの先頭近くに並ぶというのがいいようだ。

ともかく、ざぁ~っと走る集団にくっついていく。ときどき中切れするのをブリッジ、ブリッジと前に上がっていく。みんな、スタート直後はあんなに飛ばしていたのに中切れするんだと思いつつ。しばらくしてふと気づくと、なんと、隣に波多野さんがおられる。波多野さんは前から押し出されて下がってこられたらしい。ということは、先頭グループにくっついていることになる。

今回、リアスプロケットは14-28Tのジュニアギアをつけている。試走もしていないことだし上川乗交差点までの傾斜が緩い区間、トップ側が不足するかもと不安だったが、幸い、そういうこともなく快調に走ることができた。アウタートップのケイデンス110とかまではあった気がするけど。

上川乗交差点をすぎると傾斜がきつくなる。同時に私はちぎれる。ま、当たり前だわな。

そこからは230Wを目安にたんたんと。抜くより抜かれるほうがずっと多い。実力的に第2ウエーブがいいところってことだなぁ。上川乗交差点まで先頭グループで走ったのはなかなかに楽しかったけど。

数馬の湯で太鼓の応援を聞くなどしつつ、上っていく。

そうこうしているあいだに奥多摩周遊道路に突入。あれ? 佐伯さんが応援に来られるって話だったけど、気づかずに通り過ぎちゃったのかな。奥多摩周遊道路が通行止めの時間帯にレースをするわけで、応援はそれより下のどこかでやっていると思っていたんだけど。

と、都民の森のちょい手前で道に名前が書かれている。

■奥多摩周遊道路の道に名前とゼッケン番号が……

20151013_133738__hc_hinohara_8823bu

あれっと思って見渡すと、佐伯さんと加藤さんの姿が。あれ、加藤さん、DNSにして応援に回ったんだ。

■佐伯さんが撮ってくれたヒルクラ中の私

20151013_133806__hc_hinohara

ちょいタレ気味になっていたんだけど、応援で力を盛り返して最後を上っていく。ほぼ上りきって軽い下りが出たりするあたりはがんがんに飛ばす。あまり無理せず上ってきたから力が余っている、のか? ゴールしてサイコンを一応止めたが、なにせスタート地点をまちがえているのでそのタイムを見てもどうにもならない。

■下山待ちの列

20151004_075901_canon_ixy_610f_img_

計測用チップを外してもらったあと、下山待ちの列に自転車を並べ、預け荷物をもらいに行く。そのそばに波多野さんがおられたのでご挨拶。そうこうしていたらそろそろ下山を開始するとの案内が。

湯浅さんがいるはずなんだけどと上ってくる人を見ていたら、あ、いた! そう思ったときは横を通り過ぎていたけど(下山はそれなりのスピードが出るので)、とにかく、大きな声で一声応援しておく。あとで聞いたら、気づいてもらえたらしい。

■閉会式などは数馬の湯で

20151004_090017_canon_ixy_610f_img_

食べ物をもらったりしていたら佐伯さん、加藤さんが降りてこられたので立ち話。そうこうしているうちに結果が発表になった。1時間9分35秒の147位/完走464人、50台で10位。結果はあまりよくなかったけど、まあ、今日は仕方ないでしょう。それにしても、波多野さんが3位ということは、東京ヒルクライムHINOHARAステージのレベル、上がってるよなぁ。距離を伸ばしたので人気が高まったのかもしれない。

今回は知りあいが何人もいたこともあり、じゃんけん大会までゆっくりしていた。このじゃんけん大会、だいたいいつも1回目で敗退なのだが、今日はなぜか調子がよく、数馬の湯の入浴券や檜原村産のゆずなど、複数回景品をもらうことができた。

ちょっと汗ばむくらい暑くなったきた中、駐車場まで下り、あれこれ片付けてから参加賞をもらいに行く。参加賞は檜原村役場で配布していると湯浅さんが教えてくれたので。参加賞はじゃがいも数個。うん、檜原村らしくていいんじゃないかな。

|

« 本日の晩ご飯 | トップページ | へ? »

自転車-ヒルクライムレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ヒルクライムHINOHARAステージ2015参戦:

« 本日の晩ご飯 | トップページ | へ? »