« タルトタタンのために清里往復 | トップページ | 酪農学園大学狩猟管理学研究室 »

2013年2月12日 (火)

大人の対応・子どもの対応

ボードゲーム大会をしに知り合いのお家へ行く途中、頭骨付き鹿角を置きたいので高校に寄ってほしいとこばっかいが言いだした。生物部の先生に頼まれ、部に寄付するってことなのだけれど……さすがのこばっかいも、朝の電車と通学路をずっと持っていくのは気になるらしい。

これに対して親の方は、「そうでなくても遅くなっているのに……」と渋い顔。

(お世話係)
じゃあ、正門前で3分だけ待つ。3分たったら、戻ってくる姿が見えていても行くからね。あとは歩いてらっしゃい。(歩いて20分くらいで友人宅に着く)
(こばっかい)
え~? 3分なんてインスタントラーメンができる時間しかないじゃん。
(お世話係)
いいの。ウルトラマンだって、3分たったら行っちゃうんだから。
(こばっかい)
でも、仮面ライダーは相手が倒れるまでいてくれるんだよ?
(Buckeye)
それは……子どもの対応だな。仮面ライダーなだけに。ウルトラマンは大人の対応だ。
(お世話係)
18歳なら大人の対応だものね(^^)
(こばっかい)
(*O*)(*o*)(*O*)(*o*)(言葉を失い、クチだけぱくぱく)

念のため書いておくと……「仮面ライダーは10歳(『トォーッ』とかけ声をかけるから)、ウルトラマンは18歳(『ジュワッチ』だから)」が下敷き。

|

« タルトタタンのために清里往復 | トップページ | 酪農学園大学狩猟管理学研究室 »

雑記-家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の対応・子どもの対応:

« タルトタタンのために清里往復 | トップページ | 酪農学園大学狩猟管理学研究室 »