« へぎそば周遊チケット | トップページ | こばっかいの高校文化祭-1日目 »

2012年9月 3日 (月)

自転車で野辺山~馬越峠

八ヶ岳に自転車を持っていって乗ってみた。GWの経験から、出発点はずっと下った野辺山駅にする。疲れて戻ってきた最後に急な上りがえんえん続くのは避けたいので。

コースは、(↓)から選んだ「比較的楽」というもの。

野辺山駅を出発し、ぐるっと70kmくらい。ただ、一部、往復するところがあるので、そこを省略すれば50km。

野辺山から川上村へは軽い下り。そこから馬越峠まではかなりきつい上りが続く。勾配はそれほどきつくないとのことなのだけれど、サイクルコンピューターによると、10%前後はあるようだ。上りに入るとカーブに番号が振られている。15番くらいで「30番くらいまでもあったらイヤだなぁ……」と思っていたら、結局、最後は第41号カーブだった(T_T)

20120903_rimg030941

さすがに眺めはいい。それだけ、自転車をこいで上ったということでもあるのだけれど。標高差にして400mくらい?

20120903_rimg0310

今回はけっこうきつそうだと思ったので、補給食を用意してみた。

20120903_rimg0311

20120903_rimg0312

いずれも割としっとりしていそうで、自転車に乗っているときには食べやすいかと思って。期待通りでどちらもよかったのだが、後者は、崩れ防止の厚紙が入っていて、食べた後にもそれなりにかさばる。そういう意味では、シリアルホワイトバーのほうがよさそう。

馬越峠までの上りがきつかったので、南相木ダムへの往復は省略。そうすると、小沢志なの入トンネルに向けた上りが始まるまで、標高差で700mくらいをほぼ一気に下ることになる。

ここまではよかったのだが、小沢志なの入トンネルに向けた上りに入ったあたりから、坂がきつくなるととたんに上れなくなる。要するに、馬越峠までの上りで足を使い切ってしまったということらしい。トンネルを出て海ノ口まで下ったあと、海ノ口牧場までまだ300~400mを上がらなければならない。上がらなければならないのだけれど、もう、ぜんぜんペダルが踏めない状態。斜度2~3%ならいいけど、6%でもうダメ。結局、上りは半分以上、押して上がることに……(T_T)

海ノ口牧場から野辺山駅へは基本的に下りなのだけれど、最後にゆるい上りが少しある。上りと言っても、せいぜい2%で、普通ならすいすい上っていくはずなのだけれど……もうもう、足がまったく回らない。それでも、出発点まで戻らないとどうにもならないので、少しずつ、前に進み、なんとか最後まで走った。

いや~、山の道、なめてましたね。あっちにもこっちにも10%を軽く超える斜度が出てきて。後ろは割と普通に12-25Tだけど、坂対策として、前はトリプルになってるんですが……。もっと乗って体を作らないと、楽めのコースさえまともに走れないようです。

後ろ、やっぱり11-28Tにしようかなぁ。12-27Tもあるけど、少しでもギア比を下げられたほうがいいし。でもでも、11は要らないと思うんだよなぁ。

|

« へぎそば周遊チケット | トップページ | こばっかいの高校文化祭-1日目 »

自転車-ライド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車で野辺山~馬越峠:

« へぎそば周遊チケット | トップページ | こばっかいの高校文化祭-1日目 »