2017年5月19日 (金)

スーパーグランフォンド軽井沢2017の後遺症

いや、まあ、「後遺症」というほどなにかひどいことがあったわけではないのだけれど……

もちろん、疲れは残った。TSSが400近くに達したわけで、月曜日1日休んだくらいで疲れが抜けるはずもない。火曜日のトレーニングメニューはVO2max 8分×3本だったのだけれど……ぜんぜんだめ。ゾーン下限で1分ほど踏み、心拍が140bpmにも達しないうちからしんどくて倒れそうになってしまった。

8分なんてとてももたないので、早々にあきらめ、エンデュランスから4分ごとに15Wずつランプアップしていくことにした。トレーナーのゲンさんから、以前、高強度が踏めない日もランプアップなら体が順応してそれなりにできる可能性があるのでそちらに切り替えたらいいと言われていたからだ。実際、最後はFTPちょうどくらいまで十分に踏むことができたし、心拍も160bpm近くまで上がったが特につらいとは思わなかった。不思議なものだ。

翌日は、FTPあるいはFTPプラスアルファまでランプアップ、ランプダウンをくり返すメニュー。ウォーミングアップ、クールダウンを含めると2時間近く、約120 TSSというきついもの。でも、これは死にそうになりつつもクリアできた。日曜時にあれだけ走って水曜日にこのメニューが完遂できたのは大きな自信になると思う。ちなみに、ゲンさんからは、「疲れが残っていたらイージーライドに切り替えてもいいからね」と言われていた。

と言いつつ、木曜日のエンデュランス走はへろへろ。尾根幹にでかけたのだが、上りもあまり出力があがらない、上りきったら足が止まるとどうにもならない。長峰二丁目信号から杜の一番街北信号までの全力も595Wと600Wに届かず。水曜日に出し切りとなってしまい、足が残っていない感じだ。

ま、疲れが残るのは想定内というか、当たり前のことだ。

一番の後遺症は、トイレ、かな。ちょっとなんな話だが、日曜日の夕方から月曜日の午前中くらいでずいぶんな回数、トイレに行くはめになったのだ。たぶん、スマートコーチングの千葉合宿で何回も注意された「あごとその結果としての腹筋」が今回きちんとできた結果、お腹が耐えられなかったのではないかと。The PEAKS時はあごが出て腹筋が緩み、足だけで踏み込んでいたからあれだけ走っても大丈夫だったが、今回は腹筋が入って体幹から踏むようになっていたため、その分、お腹に負担がかかったというか。たぶん、方向性としてはいいことで、あとはもっと体を慣らすというか鍛えるというかしていけばいいんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

スーパーグランフォンド軽井沢2017-当日

4時起床。同じホテルだったアンバサダー4人で一緒に朝ご飯。お弁当と昨日夜のスタッフ会合の残り物だ。お弁当だけではとても足りないので残り物があったのはラッキーである。

昨日の雨は上がったようだが、予報では出走の6時が10℃、帰着予定の午後2時ごろが19℃と気温は低め。夏ジャージにウォーマー類を装備して走る感じか。あと、下りはウインドブレーカー必須だろう。ウォーマー類を忘れたという方がおられたので、まちがって余分に持ってきたアームウォーマーとニーウォーマーをお貸しする。なしでは死にそうだ。

去年のリベンジってことで、今回のスーパーグランフォンド軽井沢にはけっこう重きを置いてきた。といっても、それまでに体をできるだけ絞ることと直前にトレーニングをしすぎないことくらいしかできないんだけど。

ともかく、体脂肪率は8%強まで落ちた。一応、シーズン中の体までもってこれた感じ。ぎりぎりまにあったと言える。ちなみに、The PEAKSラウンド3時は10%弱と若干でぶってた。体重は、シーズンオフの68kgから66kgくらいまでしか落ちてない。もうあと1~2kg落ちるといいんだけど、体脂肪率が落ちても体重が落ちないということは、これ以上落とすのは難しいのだろう。

ちなみに、CTLは75、TSBは9.5。体感的には、今年1月ごろに近い調子のよさを感じている。

中川さんに「だいぶ仕上げてこられましたね」と言われたが、私はベストな状態でなければとてもついていけないのが明らかなので、これはもう、必要というか、走るのであれば少なくともこのくらいはしてこないとって感じだ。実業団で走っている人たちが中心で(なかにはプロレースに参戦している人も……)、そこまでしていないのは私ともうひとりだけだし、年齢も、どう見ても私ひとりが年寄りなので。

5時ごろ会場着。最終準備をして、サポートカーに預ける荷物を入れたバックパックと自転車をスタート位置へ持っていく。

ボトルは1本、パンク修理などの工具類は預け荷物とぎりぎりまで軽量化。ホイールだけは、レース用のチューブラーではなく、100gくらい重くなるが8823のトレーニングなどで使っている軽量クリンチャーにした。寒い地域で路面の荒れているところが少なくないので、23Cのチューブラーより25Cのクリンチャーを選んだのだ。

■グランフォンドスタート待ちの列

20170514_054148_iphone_7_img_0168

テントではアイドルグループが歌っている。「そういう仕事とは言え、朝早くからテンション高いなぁ」とつぶやいている人がいたが、たしかにそのとおり。まあ、仕事というのは、どれもなかなかに大変なものだ。

以前、Giro de HOTAKAで同宿となった女性がみつけて声をかけてくれた。不安いっぱいのなか、声をかけてもらえるのはとてもうれしい。

■開会式では中川さんが壇上、残りのアンバサダーは壇の前に整列

20170514_sgf18493719_64232812262282

■スーパーグランフォンド軽井沢のアンバサダーが最初にスタート

20170514_sgf18516512_64232815262282

霧雨に近い状態。まあ、天候は回復していく予報だから、ね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

スーパーグランフォンド軽井沢2017-前日

この週末はスーパーグランフォンド軽井沢。距離175km、獲得標高3900mほどで、距離と獲得標高だけを見ればThe PEAKSのほうが厳しい。つまり、自分のペースで走っているかぎり、特に問題なく完走できるはず……なのだが、ここに大きな問題がある。大会アンバサダーがパックで走るので、遅れちゃいけないのだ。しかも、大会アンバサダーのなかで一番弱いのは私。実は去年もトライし、最初の白糸ハイランドウェイで遅れたあげく、交通規制がかかっていたハイランドウェイに入ってきた地元の車にすぐ前で止まられて接触・落車。早々にリタイアとなった経緯がある。

実は、今年、この日はいろいろなイベントが重なってしまった(↓)。

  • クロモリロードレース(唯一表彰台に乗れているレースで、毎年楽しみにしている)
  • スーパーグランフォンド軽井沢(去年、交通規制中の道路に入ってきた車に接触して落車し、早々にリタイヤ)
  • なるしまの2日にわたる蓼科ロングライド(去年エントリーしていたけどSGF軽井沢のけがで泣く泣くDNS)

スーパーグランフォンド軽井沢は私より力のある人たちばかりであり、迷惑をかけてもなんなので遠慮しようかと思っていたのだけれど、なんだかんだで考えが二転三転四転五転し、結局、今年もアンバサダーの末席に加えていただくという選択をした。やっぱり、去年のことが大きな心残りになっているもので。

とはいえ、ある意味、今年のイベントで一番不安なのがこのSGF軽井沢であることもたしか。去年に比べればずいぶん力がついたと実感はしているものの、ホントについていけるのか。去年、アンバサダーが走ったくらいの時間があれば走りきれる自信はあるけれど、序盤のハイペースについていけるかどうかが最大の課題。

前日の土曜日16時に大会本部で顔合わせ&打ち合わせ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

スマートコーチング千葉合宿

この週末はスマートコーチングの千葉合宿。個人レッスンはスタジオのローラー台になるので、実走であれこれ注意してもらえるならそのほうがいいんじゃないかと申し込んでみた。

朝、渋滞するといやなので前日夜に君津入りして前泊。朝、ホテルのご飯は時間的に間に合わないので、車で行く途中、コンビニであれこれ買って朝食をすませる。

■1日目参加の面々

20170430_18198676_2298085340416081_

参加者は10人ちょっと。走力で3つくらいのグループに分けて練習。まずは7分くらいの上りを5本。ちょうど、私よりちょっと強い人がふたりおられて、その人たちと一緒に走ったのでいい練習になった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

The PEAKSラウンド3――その後

9時前、寝落ちするように寝て、ひとばんぐっすり。4時半ごろすっきり目が覚めたので、火曜日までに仕上げなければならない仕事を少しでも進めることにした。

■朝日を眺めつつ、ホテルロビーで仕事

20170424_050454_iphone_7_img_0151

一晩寝たら頭はすっきりしたらしく、思った以上にはかどる。土曜夜から日曜がまったく進められなくてどうなることかと思ったが、これなら大丈夫そうだ。

竹澤さんたちが朝食に降りてくるまで仕事をして、一緒に朝食。とにかくお腹がすく。昨日の夜もちゃんと食べたのに。まあ、あれだけ動いたからなぁ。いつもよりたっぷり食べる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

The PEAKSラウンド3参加

この週末はThe PEAKSラウンド3に参加。昔参加したDeath Rideの日本版という感じのイベントで、今回は、走行距離163kmで獲得標高が4,841m。これを合計11時間以内で戻ってこいというもの。

The PEAKSラウンド3の概要

The PEAKSは、ラウンド1とラウンド2が子どもの文化祭とぶつかったりして走れなかったので、今回が初参加だ。前日、あちこちでご一緒している竹澤さんとふたり、車で熱海に移動。

ちなみに、ノースルートは回り順が自由。私はST3、ST2、ST1と奥から回るつもり、同行の竹澤さんは左折で回れるようにST1、ST2、ST3の予定だそうだ。「だれか、2、1、3とか3、1、2と回る人、いないかな」って、竹澤さん、その発想はなかったわ。

一緒に申し込んだわけではないのだが、ホテルも同室だった。5時半からの晩ご飯で、私は、いつもの通りがいいだろうとビールをジョッキ1杯いただく。温泉に浸かって、寝たのは9時半くらいだったかな。

6時スタートなので4時半起床としていたが、2時半くらいにすっきり目覚めてしまい、そこからあとは横になっていただけの気がする(たぶん、実際はけっこう寝ている)。

配られた朝ご飯は菓子パン3個にジュース1本。足らない。まあ、補給食をいろいろ持ってきているわけで、それを足せばいいわけなんだけど。

■スタート待ちの列

20170423_055638_canon_ixy_650_img_0

■竹澤さんとデスライドでご一緒した福井さん

20170423_055300_canon_ixy_650_img_2

■デスライドでご一緒したじぃ(参加者中最高齢か?)

20170423_060540_canon_ixy_650_img_0

スニーカーで写真を撮っていたら、主催の4126さんに「余裕じゃん」と声をかけられた。「はい、みなさんのスタートを見送ってスタートしようかと(^^)」

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

The PEAKSラウンド3サウスルート下見――最後がやばい件

せっかく伊豆に来ているのだから、3週間後にせまったThe PEAKSラウンド3のコースを試走しようと土曜日は熱海泊。

The PEAKSラウンド3は熱海の山を登ったり下りたり、走行距離163km、獲得標高4,841mを11時間以内で走るというもの。イベントなのにコース案内なし、ミスコースするとクリアが難しくなるなど、いろいろとやばいイベントである。

もともとは土曜日にサウスルート、日曜日にノースルートを試走するつもりだったのだが、土曜日は天候が悪くて断念。さらに、日曜も、ノースルートは昨日の雪がどうなっているのか心配だし、知り合いからサウスルートはミスコースの危険が高いので下見しておいたほうがいいと言われていたしで、サウスルートを走ってみることにした。

■天気はもちそうだ

20170402_073350__utfd4433

ところが……ルートラボのコースデータを入れたガーミンを忘れてくるというていたらく。土曜日の初戦で頭がいっぱいだったのだろう。仕方がないので、あちこちで止まってはスマホでコースを確認しつつ走る。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

JCRC2017第1戦@日本CSC(伊豆修善寺)

予報によると天気はよくないが、早朝には雨もあがる予報だしと、予定どおり、6時ごろに出発。ところが、箱根にさしかかると雪が降っている。

■The PEAKSでエイドが置かれるはずの箱根峠

20170401_080206_canon_ixy_650_img_0

道は基本的にとけているが、あっちもこっちもチェーン規制。私はスタッドレスを履いているのでよかったが、ノーマルタイヤの人は東名で反対側から回りこんだりしたらしい。

会場についても、気温は2℃。8℃の予報だったのに……。しかも小雨だけど降り続いている。

■路面はウエット

20170401_093641_canon_ixy_650_img_0

8823のジャージも持っていったが、夏用では寒い。冬ジャージにして、上は、アンカーの雨用長袖ジャージ(ツール・ド・おきなわのアンカーツアーで抽選の1等賞品としてもらった非売品)を着ることに。

空気圧は、タイヤ推奨範囲の下限ちょい上まで落とす。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

にこばっかいの家庭教師をねぎらう会

にこばっかいがびっくりの現役合格を果たしたので、そこに貢献した家庭教師ふたりをねぎらう会を持った。家庭教師をしてくれたのは、世界史を中心に文系科目を担当したこばっかいの元クラスメート(一橋大)と、数学・物理・化学の理系科目を担当したこばっかい。もちろん本人もがんばったわけだが、家庭教師の的確な指導がなければ努力も空回りに終わった可能性が高い。

どういうお店がいいかと尋ねたら、一橋大生のほうから「お肉」と返ってきたのでメインはステーキ。

■大きなTボーンステーキ

20170330_195004_canon_ixy_650_img_0

お祝いだし、家庭教師ふたりへのボーナス的位置づけでもあるしで、お店はウルフギャング・ステーキハウスをおごった。浪人の費用とか考えたら、高いお店でご飯くらい安いモノだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

こばっかいの運転技能

にこばっかいは、この春から、通うにはちょっと遠い大学に入り、寮生活をすることになった。自転車を含む当面の荷物をどうやって送るのかについて、家族間であった会話。

ちなみに、自転車については、その前に、「自走したらいいじゃん。基本平地で100kmくらいなんだから。ツール・ド・富士川の100kmに比べたら楽勝だよ」と提案したのだが、道に迷ったらどんだけ走ることになるかわからんと却下されている(^^;)

(お世話係)
4月×日から翌日にかけて、車、出してもらえる? とりあえず、ホテルは確保した。
(Buckeye)
自分で運転してってくれる?
(お世話係)
できるわけないじゃん。(車を買い替えて3年近いのに、新しい車を怖がって一度も運転していない)
(Buckeye)
……私は、仕事がやばい状況で、厳しい。
(お世話係)
でも、自転車もあるし、そのほかも当面の荷物だけでけっこうあるから電車じゃ厳しい。
(Buckeye)
……こばっかいの運転でもいい?
(お世話係)
……あなたが助手席に座ってるなら。
(Buckeye)
それ、こばっかいに頼む意味ないじゃん。
(お世話係)
だって、知らない道を行くんだし。
(こばっかい)
レンタカーじゃきついけど、ウチの車なら大丈夫だよ。なんてったって一番慣れてるしナビもあるし。
(Buckeye)
そうそう。いい加減大丈夫だって。
(お世話係)
……

車を出すならこばっかい運転でってことでなんとか落ちついた。さて、仕事、しよ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«にこばっかい、大学に合格