2020年3月19日 (木)

カギ括弧と句点、?などの関係について

文の最後には句点を打つ。それが基本ですが、現実にはいろいろと難しいケースが出てきます。

■文が終わっていることを示す機能

これが一番の機能なわけですが、この機能を果たすのは、句点だけじゃありません。「?」「!」「!?」なども使われたりします。句点以外のものを使う場合やカギ括弧がある場合は悩ましいケースだと言えます。

■「?」などを使う場合

この場合、後ろ全角一マス空けが基本になります。

え? そう思った方も少なくないのではないでしょうか。ツイッターやブログで全角アケにしている人はめったにいませんから。でも、さきほどのところ、「え?そう思った方も少なくないのではないでしょうか」ってしたらなんか変だと感じませんか?

我々翻訳者は物書きの端くれだと思うんですが、そういう仕事をしていて、なお、「?」などの後ろを全角一マス空けにしない人、少なくありません。正直なところ、日本語の本を読んでいるとき、なにを見ているのだろうと思ってしまいます。まあ、えらそーなことを言ってる私も、翻訳専業になって何年かはまるで気にしていなかったように思いますけど(^^;)

勝手な想像なのですが、句読点は、ある意味、空白に近いから句読点として機能するのではないかと私は思っています。「、」も「。」も、ぱっと見、そこが空間に見えますよね? だから、文がそこで切れていると感じられる、と。先日の段落頭カギ括弧じゃありませんが、見た目から受ける印象って大事だと思うんですよ。

対して「?」「!」「!?」などは、マス目が埋まっている感じになります。つまり、それだけでは、切れ感が足りない。かといって、「?。」とかするのはどう考えても変です。なので、「? 」と後ろ全角一マス空けにするのが自然ということになったのではないでしょうか。

逆に言えば、そこで文章が終わらなければ、「?」「!」「!?」などの後ろを全角一マス空けにする必要はない。いや、空けちゃいけない、と言うべきですね。

どういうことかというと……

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

段落頭のカギ括弧

日本語の場合、段落頭は一字下げるのが基本です。これは、どこからどこまでが段落であるのかをわかりやすくするためでしょう。

ブログやSNSのように、段落間を1行空けることで表現するケースもあります。

段落頭一字下げが基本のケースで、例外的に下げない場合があります。よくあるのは(↓)でしょうか。

  • 箇条書きなど、段落頭になにかがくっついている場合
  • 段落頭が括弧の場合

(小見出しなどの直後だけ下げないという形式もありますが、それは今回の話とずれるので横に置いておきます)

箇条書きなど、段落頭になにかがくっついていれば、字下げしないのは当然ですね。逆に、段落頭が括弧の場合は、括弧が空白に近いため、一字下げ相当という扱いになっているのだと思います。

先日、とある雑誌を読んでいて気になったのが、この処理。

書籍などのカギ括弧は1文字分しっかり取る大きさのことが多いのですが、その雑誌のDTPでは、カギ括弧が半角分くらいに細いのです。カギ括弧が文章中に出てきた場合はそのほうがきれいに見える気もしますし、雑誌のように1行の文字数が少ないとカギ括弧が1文字分取っていると間延びして見えそうな気もします。ですから、それはいいのですが……

問題は、カギ括弧が段落頭に来た場合。カギ括弧が半角分の幅ということは、その次の文字が半角分、前にずれてしまうわけで。その状態からカギ括弧をなくすと、一字下げではなく半字下げにしかなりません。しかも、その半字が完全な空白ではなく、カギ括弧があるわけで。これじゃ、段落頭に見えません。こういう処理なら、段落頭のカギ括弧はその前後なりを少し空けるなどして調整しないとだめなんじゃないでしょうか。実際、話の展開がなんかおかしいなぁと思ったら、途中で段落が変わっていたとかありました。前段落最後の行がちょうど幅いっぱいまでだと、段落が変わったことに気づかなかったりするんです。段落って、文章の理解を助ける大きな装置なわけで、それがきちんと働かないのは困ります。

Kindleとかでもそうなってることがあって、そっちは画一的な処理にせざるをえなくてしかたないんだろうなとは思うんですが、印刷物は、ちゃんと組版してほしいですね~。

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

英語の複数形を「たち」や「ら」と訳していいのか

日本語に複数形はないが、人の場合、複数であることを示したければ「たち」「ら」をつければいい、みたいな感じになっているように思います。特に複数形のある外国語から日本語への翻訳では、機械的に付けてるんじゃないかと思ってしまうほどよく付いていたりします。

これ、昔っから気になってしかたがないんですよね。っていうか、それは違うだろうと思うんです。日本語は、基本的に単複同形であり、そのまま複数を表現できる。そこにあえて「たち」「ら」を追加すると、別の意味が付加されかねない、と。翻訳であれば、複数形を「たち」「ら」などと訳すと誤訳になることさえある、と。特に、属性を示す単語に「たち」とか「ら」とか付けるのはあぶない、と。

He'd wanted those agreements so badly that he'd done the negotiating personally. Ordinarily, on an issue with as many strategic implications as this, the CEOs would have agreed in principle and then left their underlings to see whether an agreement could be worked out. Steve got each CEO to say, “We'll consider it,” and then had been willing to do the horse-trading himself.
『偶像復活』の原本、“iCon”から)

上記英語のCEOsは、CEOが複数人いることを示しています。ほかの可能性はありません。

これを、「CEOたちが大筋について合意し……」とか「CEOらが大筋について合意し……」とかしたらどうでしょう。CEOが複数人いることを示している可能性もありますが、どちらかというと、「CEOとCOOとCTOと……など、CEOクラスの各種役職についている人が何人もいる」ことを示している可能性が大きいと思うんですよね。つまり前記の訳を読んだ人は、たとえば「CEOとCOOが合意したのかな」と思ってもおかしくない、と。

いやいや、「たち」や「ら」は複数を表すもの、それがついてるモノが複数あることを示すもの、ほかの解釈はありえないと言う方がおられたら、「自分たち」や「わたしら」はどう解釈するのか尋ねてみたいですね。自分やわたしが複数いるんでしょうか。

このごろ、セミナーで取り上げているネタも紹介しちゃいましょう。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2020年2月27日 (木)

insightの訳し方

ITmedia NEWSの記事「insightの翻訳に求められる洞察力」を知り合いが取り上げ、自分はinsightをどう訳しているかという話をしていたので、私はどうしているのだろうと思い、ここ数年の仕事についてざっと確認してみました。

insightって、たしかに、訳しにくいんですよね。

辞書だと、研究社大英和なら「眼識, 見識, 識見; 看破力, 明察, 洞察」なんて訳語候補が並んでいますが、正直なところ使いにくい言葉ばかりです。よっぽどお堅い文脈でないと、ちょっと。私は、産業系も昔は論文とか堅いものだったので洞察とか使えたと思うのですが、最近はマーケティング系ばかりだったりしますし、書籍も一般向けのビジネス書という位置づけなので、ちょ~っと使いにくかったりします。中身がまじめな分、せめて、言葉遣いくらいとっつきやすくしたいですし。

海野さんの辞書でも、「洞察(力), 眼識,見識, 卓見, 識見, 慧眼[炯眼](ケイガン), 見通し, 先見性, 先見(の明)」と、この単語については、これといった候補がありません。

なので、毎回、文脈に応じていろいろ工夫することになります。っていうか、してきたはずだと思って確認してみました。

比較的使いやすいのは、上記記事でも取り上げられていますが、「知見」だと思います。実際、私も、一番よく使っているのは「知見」だったようです。まあ、そう思っているってことはそうなるのが当たり前ですよね(^^;)

でも、「知見」と訳したのは、せいぜい2割くらいのようです。

» 続きを読む

| | コメント (6)

ひょうたん図

先日、ツイッターで、翻訳業界のイメージとしてひょうたん図の話が取り上げられていて、そういえば、あの図、ブログに上げておいたほうがいいなと思ったので紹介します。

「翻訳者の原点」と題した2012年JTF翻訳祭のプレゼンテーションで使ったものなので、もう、ずいぶんと古いものなのですが、イメージそのものは変わっていないと思います。

■翻訳業界のイメージ

20200226_jtf2012__2

市場の大部分は、品質はそんなに高くなくていいから安くというもの。ここが大きいし、最初はここから入るはずなので、つい、これしかないと思いがちですが、実はそんなことなくて、小さいながら、高品質・高価格の市場が存在します。

「高品質・高価格の市場なんて昔の話で、いまはもうない」と言う人もいますが、そんなことはありません。その人はみつけられていないのかもしれませんが、いまも、新規開拓でそういう取引先がみつかりますし、そうやってみつけている人があちこちにいます。もちろん、そうやってみつけられている人はごく少数なので、ないとしか思えない人がたくさんいるのもしかたないとは思いますが。

せっかくですから、図の見方も少し解説しておきましょう。プレゼンテーションでも同じようなことを語りました。

ポイントがいくつかあります。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

『ぼくは翻訳についてこう考えています』

翻訳に対する柴田元幸さんの考え方をまとめた本。あちこちで話したり書いたりされたものをまとめたもの、1項目1ページくらいにまとめたもののようです(Kindleで読んだのでよくわかりませんが)。

何カ所か、さまざまな意味で「おお!」っと思ったところを紹介します。まあ、なんというか、翻訳と真剣に向き合うと、みんな、似たようなことを考えるんだなぁって感じです(おこがましいぞ>自分)

■1. 「理想の翻訳」

「翻訳なんて、全部、間違っている」
「どう間違うのがいちばんいいのか」

同じことをセミナーとかではよく言っているので(「翻訳したら必ずなにかずれる」「全体としてのずれが小さくなるように調整する」)、ブログ記事も書いてるんじゃないかと探してみたのですが、みつけられていません。書いてないのかなぁ。「Stay Hungry. Stay Foolish.」に「何をどう訳しても、いろいろなところにズレが生じます。ある面のズレを小さくすると別の面のズレが大きくなったりするので、こうすればいいという道はありません」とは書いていますが。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

『この英語、訳せない!』

越前敏弥さんが書かれた本です。買おうと思っていたら、著者献本でいただいてしまいました。

さっそく読んでみました。

越前さんは文芸の人ですが、第1部「いくつもの意味をもつ言葉」と第3部「言語構造のちがいによる訳しにくさ」は、ノンフィクションにも共通する話が満載で、そうそう、あるあると思いながら楽しく読みました。ノンフィクションどころか、産業系にも出てくる話だってたくさん書かれています。逆に言えば、ここに書かれているくらいのことを気にせず訳していたら、プロ翻訳者としてまずいんじゃないでしょうか。

ちなみに、第3部の「脚韻を見ても血が騒ぐ?!」で“Intel Inside”と「インテル入ってる」が取り上げられていますが、これ、英語から日本語に訳されたのではなく、実は、日本発で英訳されたものだという説があります。どちらが本当なのか私は知りませんが、いずれにせよ、翻訳者として、すごいなぁとうなってしまう翻訳であることはまちがいありません。

第2部「文化のちがいによる訳しにくさ」は、あるあるの中に、いくつか、ああ、それは知らなかったなぁというものがありました。やはり、文芸とノンフィクションでは、カバー範囲が少々ズレているからでしょう。

そうそう、この第2部の「まぎらわしい魚の名前」に私も登場していました。そういえば、前に、「~のエピソード、ネタとして取り上げていいか」と尋ねられて了承したことがありました。すっかり忘れていましたが(^^;)、それで献本いただいたんでしょうね。

『この英語、訳せない!』、刊行記念のトークイベントや対談があるようです(詳しくは翻訳百景をご覧ください↓)。直近は、この週末8日の名古屋と来週10日の東京新宿。年明けにも複数回が予定されています。越前さんは話もうまいし、聞きに行ったらおもしろいだろうと思います。(私は、ちょっと、仕事がやばくなっていて行けそうにありません(T_T))

『この英語、訳せない!』刊行@翻訳百景

 

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

「『翻訳と〝絵〟』ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#15)

11月9日、つまり、来週の土曜日に、東京池袋で「翻訳と〝絵〟」をテーマとしたワークショップを行います。

■告知ページ(画像をクリックすると申し込みサイトにジャンプします)

テーマは『翻訳と〝絵〟』。我々が考える翻訳の基礎となる部分であり、これなくして翻訳はありえないし、ここをミスるとそのあとなにをしても無駄になると思う部分です。実際問題、やらかしてしまうときって、ここでミスってるし、ゲラ読みしていて気づいたり編集さんに指摘していただいたりして冷や汗をかくこともなくならないんですが……(そして、関係者のだれも気づかずそのままになっているものも、きっと、あるはずで……)

基礎の基礎であり、かつ、どこまで行っても難しい作業、というところでしょうか。

今回は、中心となって翻訳フォーラムのシンポジウムを推進している4人のうち私をのぞく3人が講師役で登場します(私は、この日、自転車レースに出場するため沖縄に行っているので顔を出せません)。参加できないとはいえ私も準備の様子は見ていまして、いろいろと工夫がこらされていることを知っています。関係者である私が言うのもなんですが、かな~り豪華な内容になってると思いますよ。JTF翻訳祭がらみで思ったことシリーズでも触れた「かえるがぴょーん」の話などもある予定です。

今回は、JTF翻訳祭と日程がかなり近いせいか、申し込み締め切り直前になっても、まだ、若干の席が残っています。最近、翻訳フォーラムのイベントは、シンポジウムもワークショップも売り出し直後に瞬殺となることが多いので、チャンスかもしれません。

申し込みは明日の11月3日、明日の正午まで。迷うくらいに興味のある方は、思い切って受講してみられることをおすすめします。

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

JTF翻訳祭2019のツイートまとめ

JTF翻訳祭2019関連のツイート、まとめができています。

『第29回 JTF翻訳祭2019』関連まとめ

ここしばらく書いた感想の元記事も、こちらにまとまっています。おそらく、今日以降に上がってくる翻訳祭レポートもまとめられることでしょう。なので、ここにリンク集を作らず、ツイートまとめをメモしておくことにします。

| | コメント (0)

JTF翻訳祭2019のレポートを読んで思ったこと-その3「機械翻訳に関する提言について」

思ったことシリーズ第3弾は、別のブログを読んで思ったことになります。

2019年翻訳祭④ 翻訳祭レポート①(会場到着からセッション1まで)」千里の道を一歩ずつ~ときどきひとやすみ~

こうやっていろいろとレポートしていただくと、参加できなくても多少のことはわかるので助かりますね~。興味関心のポイントは人それぞれですから、その場に行って自分の耳で聞くのが一番ではありますけど。

今回取り上げるのは、発表をされた開発者の方が翻訳者への提言としてあげられた3点です。

  • Light Post-editorを見下してはいけない
  • 質の高い訳を目指して努力することはもちろん重要だけど、プロならば相手の要求に応じて最適な(効率的な)方法で翻訳が行えるようになるべき
  • もっと機械翻訳について学ぶべき

» 続きを読む

| | コメント (0)

«JTF翻訳祭2019のレポートを読んで思ったこと-その2「MTPEと実力涵養」